「アドリエット・ド・ルーブジャック」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

アドリエット・ド・ルーブジャック」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-*アドリエット・ド・ルーブジャック
-&bold(){アドリエート・ド・ルーベジャック}(Adriète de Loubéjac)あるいは&bold(){アドリエット・ド・ルーブジャック}(Adriette de Loubejac)は、一部の信奉者たちによって[[ノストラダムス]]の最初の妻と仮定された架空の女性。
+ &bold(){アドリエート・ド・ルーベジャック}(Adriète de Loubéjac)あるいは&bold(){アドリエット・ド・ルーブジャック}(Adriette de Loubejac)は、一部の信奉者たちによって[[ノストラダムス]]の最初の妻と仮定された架空の女性。
  現在では、結婚契約書の発見によって、ノストラダムスの最初の妻は[[アンリエット・ダンコス]]であったことが有力視されている。
 
  アドリエット・ド・ルーブジャックという名は、知人[[ジュール=セザール・スカリジェ]]の妻、アンディエット・ド・ロック=ロベジャック(Andiette de Roques-Lobéjac)が元になったものだろうと推測されている。
  この誤りは[[アナトール・ル・ペルチエ]](1867年)、[[チャールズ・ウォード]](1891年)といった19世紀の論者の文献には見られない。最初の言及は[[ヘンリー・ジェイムズ・フォアマン]]によるという指摘もある((Shinsenpou World Blog [[ノストラダムスの伝記に見るアドリエット>>http://asakura.asablo.jp/blog/2009/08/03/4477981]]))。
 
  ただし、英語圏ではこれ以降に出された文献で踏襲されたわけではなく、[[エドガー・レオニ]]の著書(1961年)でも、この誤りへの指摘がすでに見られる((Leoni [1961] p.19))。信奉者の中でも、[[ジェイムズ・レイヴァー]]のように、アドリエート・ド・ルーベジャックをきちんとスカリジェの妻の名としているものもあった((Laver [1952] p.29))。
 
  これに対し、かつての日本では、「アドリエット・ド・ルーブジャック」あるいは「アドリエット」がノストラダムスの正しい妻の名であるかのように記述される例が少なくなかった((五島勉『ノストラダムスの大予言II』、小池一夫・やまさき拓味『ノストラダムス愛伝説』、加治木義博『真説ノストラダムスの大予言2』、飛鳥昭雄・三神たける『預言者の謎とノストラダムス』など))。こうした言及のなかで最も早いものは[[黒沼健]]『謎と怪奇物語』(1957年)である。
  その背景として、黒沼がフォアマンの記述をそのまま受け入れてしまった可能性が指摘されている((Shinsenpou World Blog [[ノストラダムスの伝記に見るアドリエット>>http://asakura.asablo.jp/blog/2009/08/03/4477981]]))。
 
 ----
 #comment