「未来の事件の有名な予言」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

未来の事件の有名な予言」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

  このページは、信奉者の間で、未来に起こる出来事の予言として解釈されることが多かった予言の索引である。有名な予言の断片を知っていても、それが何巻の何番なのか思い出せないケースなどがあると予想される。一応、当「大事典」上部には検索窓が付いているが、訳し方によってヒットしないこともありうる。この索引はそれに対応するためのものである。
 
  「有名」の基準は管理者の主観に負うところが大きいが、主として複数の文献で目にしたことがある解釈を取り上げている。なお、通説的な訳と当サイトの訳が異なる場合があるが、検索しやすいようにあえて通俗的な訳で掲載しているものも少なくない。&u(){管理者個人はこれらの解釈を支持するものでは全くない。}
 
  事例は大まかなテーマで分類している。
 
 -大地震・大噴火
 --[[百詩篇第1巻69番]]「7スタディオンの大きな円い山が・・・遠くへと転がるだろう・・・」
 --[[百詩篇第1巻87番]]「・・・大地の中心からの火が新しい都市の周辺を揺り動かすだろう・・・」
 --[[百詩篇第3巻3番]]「・・・アジアの奥地で大地が震えるといわれるだろう・・・」
 --[[百詩篇第9巻83番]]「太陽が牡牛座の20度にあるときに大地震があり・・・」
 --[[百詩篇第10巻67番]]「5月に大地震があり・・・」
 
 -アジアまたは他の場所から現れる救世主
 --[[百詩篇第4巻32番]]「真夜中に月は高い山の上、新しい賢者は唯一の脳でそれを見た・・・」
 --[[百詩篇第5巻41番]]「・・・古い壺からの彼の血統を蘇らせるだろう、青銅の時代を黄金の時代と取り替えつつ」
 --[[百詩篇第5巻53番]]「・・・偉大なメシアの法は太陽によって保持されるだろう」
 --[[百詩篇第10巻75番]]「どれほど待とうとヨーロッパには決して戻らず、アジアに現れる・・・」
 
--アジアの独裁者・[[反キリスト]]
+-アジアの独裁者または[[反キリスト]]
 --[[百詩篇第2巻29番]]「東洋の男がその座から出発するだろう、アペニン山脈を通ってガリアを見るために・・・」
 --[[百詩篇第5巻54番]]「黒海と大タルタリアから、一人の王がガリアを見に来るだろう・・・」 
+--[[百詩篇第5巻84番]]「深淵と測りしれない都市から生まれるだろう、暗く陰鬱な両親を出自とする者が・・・」
 --[[百詩篇第8巻77番]]「反キリストがすぐに三者を滅ぼす・・・」
 --[[百詩篇第10巻10番]]「・・・全人類にとっての大敵、その者は祖父たち、おじたち、父たちよりも邪悪だろう・・・」
 
 -[[Chyren]]
 --[[百詩篇第2巻79番]]「縮れた黒いひげはエンジンによって従えるだろう・・・偉大なChyren は遠くから奪うだろう・・・」
 --[[百詩篇第6巻70番]]「偉大なChyren が世界の王になるだろう・・・」
 
 -世界大戦
 --[[百詩篇第2巻43番]]「髪の長い星が現れるとき三人の王子は敵同士となる・・・」
 --[[百詩篇第3巻97番]]「新しい法が新しい土地を占領する、シリア、ユダヤ、パレスチナの方で・・・」
 --[[百詩篇第5巻25番]]「アラブの君主、火星、太陽、金星、獅子宮・・・ペルシャの方に約百万・・・」
 --[[百詩篇第6巻5番]]「・・・サマロブランは半球から100リュー・・・」
 --[[百詩篇第6巻34番]]「飛ぶ火の機械・・・」
 --[[百詩篇第9巻44番]]「全てのジュネーブから逃げろ、逃げろ・・・」
 --[[百詩篇第10巻65番]]「おお広大なローマよ、汝の破滅は近い・・・」
 --[[六行詩27番]]「天の火が西側から、そして南方から日の出の方角へとめぐる・・・」
 
 -異常気象・旱魃・大飢饉
 --[[百詩篇第1巻17番]]「四十年間虹は全く見えないだろう・・・乾いた大地はますます乾き・・・」
 --[[百詩篇第1巻67番]]「大飢饉が近づくのを私は感じる・・・」
 --[[百詩篇第2巻75番]]「・・・人が人を食べるようになるだろう」
 --[[百詩篇第5巻98番]]「北緯48度の災厄、カニ座の終わりに非常に大きな旱魃が・・・」
 --[[百詩篇第8巻35番]]「・・・ドルドーニュ川は月を間違えて凍る」
 --[[百詩篇第10巻71番]]「大地と大気が大量の水を凍らせるだろう・・・」
 
 -隕石・核爆発等
 --[[百詩篇第1巻46番]]「オーシュ、レクトゥール、ミランドのすぐ近く、三夜に渡って天から大火が降るだろう・・・」
 --[[百詩篇第1巻64番]]「夜、人は太陽を見たと思うだろう、半人半豚が目撃されるときに・・・」
 --[[百詩篇第2巻3番]]「海上の太陽のせいでネグロポントの魚は半焼けになるだろう・・・」
 --[[百詩篇第2巻41番]]「大きな星が七日間燃え、太陽が二つ現れるだろう・・・」
 --[[百詩篇第2巻91番]]「昇る太陽、大きな火を見るだろう・・・」
 --[[百詩篇第8巻2番]]「コンドンとオーシュとミランド周辺、私はそれらを取り囲む天からの火を見る・・・」
 
 -その他
 --[[百詩篇第1巻48番]]「・・・そのとき我が予言は終わるだろう」
 --[[百詩篇第3巻94番]]「500年以上経ってから人々は気づくだろう・・・」
 --[[百詩篇第10巻42番]]「天使の子孫による人類の支配・・・」
 --[[百詩篇第10巻72番]]「1999年7月に天から恐怖の大王が来るだろう・・・」
 --[[百詩篇第10巻74番]]「・・・千年紀の大いなる年代から遠からずして、死者が墓から出てくるだろう」
 --[[2012年]]について
 --[[2038年]]について:「・・・世界は終わりを迎えるだろう」
 --[[3797年]]について:「・・・3797年までの永続的な予言である」
 
 {{書きかけ}}
 
 ----
 #comment