「予兆詩第94番」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

予兆詩第94番」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *原文
-Terre trembler, tué, prodige, monstre.
+Terre trembler, tué, prodige, [[monstre]].
 Captifs sans nombre, faite&sup(){1} defaite, faire&sup(){2}.
 D'aller&sup(){3} sur mer adviendra&sup(){4} malencontre&sup(){5}.
 Fier contre fier mal fait de contrefaire. ((原文は Chevignard [1999] p.158 による。))
 
 **異文
 (1) faite &italic(){conj.(BC)} : faire &italic(){T.A.Eds.}
 (2) faire &italic(){conj.(BC)} : faicte / faite &italic(){T.A.Eds.}
 (3) D'aller : d'aller 1563Ro
 (4) adviendra : adviendua 1628 1649Ca
 (5) malencontre : mal encontre 1563Ro
 
 (注記)1563Roは『[[1563年向けの暦>Almanach povr L'An M. D. LXIII.]]』の異文。ただし、ここではオリジナルではなく[[1905年の復刻版>Réimpression de l'almanach de Michel de Nostredame pour l'année 1563]]を利用している。1589Rec は[[ジャン=エメ・ド・シャヴィニー]]の手稿『[[散文予兆集成>Recueil des Presages Prosaiques de M. Michel de Nostredame]]』の異文。
 
 **校訂
  [[ピエール・ブランダムール]]も[[ベルナール・シュヴィニャール]]も2行目の行末を修正している。これは4行目との押韻から見ても妥当なものである。行の中程の faite を faire に直すかどうかで、ブランダムールとシュヴィニャールに齟齬がある。ここではシュヴィニャールの見解に従った。
 
 *日本語訳
 大地が震える。殺された者、驚異、怪異。
 無数の捕虜、作られた口実、行うこと。
 海上を行くことで不運が生じるだろう。
 高慢に対する高慢、偽造するための悪事。
 
 *信奉者側の見解
  [[ジャン=エメ・ド・シャヴィニー]]は、地震については触れないまま1563年5月に対応させ、ギーズ公が殺されたことと解釈した。2行目以降はかなり漠然と解釈しており、特定の事件との関連付けは行っていない。
 
 *同時代的な視点
  [[ピエール・ブランダムール]]は、5月向けの予言に地震のモチーフが登場しているのは、1549年5月にモンテリマール一帯を襲った地震を踏まえ、5月と地震を関連付けた影響と捉えた。
  [[百詩篇第9巻83番]]や[[百詩篇第10巻67番]]に5月の地震が予言されていることはよく知られているが、ほかにも1557年向けの散文体の予兆の中で、やはり5月の地震を予言しているくだりがある((Brind’Amour [1993] pp.227-231))。
 
 ----
 #comment