ジョヴァンニ・バッティスタ・コンファロニエリ

  ジョヴァンニ・バッティスタ・コンファロニエリ (Giovanni Battista Confalonieri, 1488年-1537年)は、イタリアの医師。ラテン語名のヨハンネス・バプティスタ・コンファロネリウス(Johannes Baptista Confalonerius)も用いられる。

 伝記的事実はほとんど不明であるが、後述の著書の肩書きから、ヴェローナ出身のパドヴァ大学教授で、大学では医学と哲学を講じたとされている *1

ノストラダムス関連

 彼は、1535年にヴェネツィアバーゼルで著書『ワインの性質、およびその滋養と薬効について』(De Vini natura, ejusque alendi ac medendi facultate modis omnibus absolutissima disquisitio)を刊行した。
 この著書は、フランス国立図書館(未作成)大英図書館(未作成)などに数部現存するが、1984年にイタリアの書店が2030ドルで売り出したものには、ノストラダムスの自筆の蔵書印があった。実際、内容からも、ノストラダムスの『化粧品とジャム論』(特に菓子のレシピなどを扱った後半)の主要参考文献になったと推測されている *2

 また、同時代にフランス語訳された「ジョヴァンニ・バッティスタ・カヴァジョーリ」(Giovanni Battista Cavagioli)の『あらゆるジャムの製法』 (Manière de faire toutes confitures)も、著者名が少々異なってはいるが、コンファロニエリの著書の翻訳と推測されている。
 このフランス語版は、1550年頃にパリで出た後、リヨンの出版業者ブノワ・リゴーによって、『あらゆる種類のジャム、香辛料、蒸留物、果物砂糖煮、コチニャック、香料入りワイン、染料、煎じ薬、芳香水、様々な香料、石鹸、澱粉、白粉、芥子のための実践。人体に裨益大なる良質のビネガーの作り方およびペストに対する極上の処方も併記』 *3 というタイトルで、1558年と1590年に再版されている *4
 このうち、1590年版について、ロベール・ブナズラはノストラダムスの『化粧品とジャム論』のひとつとしているが、不適切だろう。


名前:
コメント: