Almanach Povr L'An M. D. LXV.

 『 1565年向けの暦 』(Almanach Povr L'An M. D. LXV.)は、1565年にリヨンブノワ・オドによって出版されたノストラダムスの暦書。

【画像】『1565年向けの暦』の扉 *1

正式名

  • Almanach Povr L'An M. D. LXV. Avecques ses tresamples significations & presages d'vn chacun moys, Composé par M. Michel Nostradame, Docteur en medecine, Medecin du Roy, & Astrophile à Salon de Craux en Prouence.
    • A Lyon, Par Benoist Odo, M. D. LXV.
    • Auec Priuilege.
  • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士にして王附侍医、愛星家のミシェル・ノストラダーム師により構成され、各月ごとの非常に多くの意味づけと予兆を付記した1565年向けの暦。
    • リヨンにて、ブノワ・オドによる。1565年
    • 特認付。

刊行年

 扉に M. D. LXV. (1565)と刊行年が記載されているが、ロベール・ブナズラダニエル・ルソは実際の刊行年を1564年としている。これは、献辞の日付(1564年4月14日)や奥付(1564年5月1日作成)が理由と思われる。
 ただし、タイトルに「王附侍医」とあるのは目を引く。ノストラダムスがこの称号を手に入れたのは1564年11月以降だったからである。このことから、この暦書の出版はそれ以降のことだったと考えることが出来る。あるいは1565年初めの大市に向けて1564年末に印刷されたものだったのかもしれない。

内容

 160ページからなる。
 まず冒頭に「敬虔なキリスト教徒の王シャルル9世へ。ミカエル・ノストラダムス」(A Treschrestien Roy Charles ix, de ce nom Michael Nostradamus S.)と題された1564年4月14日付の献辞が掲載されている。

 続いてカレンダーが掲載されているが、各月には予兆詩はない。代わりに、その後の散文による各月の概要の冒頭に、予兆詩が収録されている。予兆詩は全般向けのものもあるので、全部で13篇である。この年向けの予兆詩から従来の1行10音節にかわり1行12音節が採用されている。
 各月の散文はジャン=エメ・ド・シャヴィニーが転記した『散文予兆集成』第10巻全体(第1番~第740番)に対応している。

 末尾には「1565年向けに1564年5月1日に、サロン・ペトラのミカエル・ノストラダムスによって作成された」(Faciebat Michael Nostradamus Salonae Petreae Prouinciae, prima mensis Maij 1564. pro anno 1565.)とある。

所蔵先

 ペルージャ(イタリア)のアウグスタ公立図書館に唯一所蔵されている。

ラテン語訳版

 ウィーンのオーストリア国立図書館には、この暦書をラテン語訳した手稿が現存している。
 その手稿は神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世のために、ミヒャエル・フォン・アイツィンガー(Michael von Aitzinger)がラテン語訳した私家版らしい *2


名前:
コメント: