百詩篇第10巻60番

原文

Ie pleure Nisse 1 , Mannego 2 , Pize 3 , Gennes,
Sauone, Sienne, Capue 4 , Modene 5 , Malte:
Le dessus sang & glaiue par estrennes,
Feu, trembler terre 6 , eau, malheureuse 7 nolte 8 .

異文

(1) Nisse : Nice 1672 1800AD
(2) Mannego : Monnego 1568A 1590Ro, Manuego 1627, Monaco 1672, manége 1800AD
(3) Pize : pise et 1800AD
(4) Capue : Capuë 1597 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1653 1665 1716 1840, Capoue 1800AD
(5) Modene : Mo ene 1568C
(6) terre : terro 1649Xa, Terre 1672
(7) malheureuse : mal-heureuse 1600 1668P, mal'heureuse 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668A, Malheureuses 1800AD
(8) nolte : notes 1800AD

(注記)1800AD は匿名の解釈書『暴かれた未来』(1800年)での異文。なお、Malheureuses notes は 1800AD の解釈の中では Maleureuse note と引用されている。

校訂

 Nisse は Nice の方が綴りとしては正しいが、プロヴァンス語名のニッサ(Nissa)を踏まえて意図的にそう綴った可能性もあるだろう。
 Mannego を Monaco と同一視する従来の読み方が正しいのなら、1568A に見られる Monnego の方が正しかったのかもしれない。

日本語訳

私は涙する。ニース、モナコ、ピサ、ジェノヴァ、
サヴォーナ、シエーナ、カプア、モデナ、マルタ、
新年の贈り物として上方に血と剣、
火、地震、水、不吉にして望まれざるもの。

訳について

 1、2行目についてはマリニー・ローズの読みを採用した場合、「モナコ」が「マレンゴ」になるという違いはあるものの、ほぼ異論はないといってよいだろう。
 3行目については、estrenne の訳し方が難しい。ここではエドガー・レオニピーター・ラメジャラーに従い、本来の意味で訳したが、「呪いとして」とも訳せる。あるいは、ジャン=ポール・クレベールが言うように「予兆として空中に血と剣(が見られる)」という意味なのかもしれない。

 山根訳はほとんど問題ないが、nolte を「抵抗」と訳すのは、エリカ・チータムの reluctance (不本意)という英訳を踏まえたものにしても、若干ニュアンスが異なるように思える。大乗訳も似たようなもので、nolte を「結末」と訳すこと以外はおおむね許容範囲だろう。
 ただし、nolte についてはあまり説得的な読みが存在するとは言えず、どのような語に引きつけて理解するかによって様々な読み方がありうるだろう。

信奉者側の見解

 匿名の解釈書『暴かれた未来』(1800年)では、1799年1月頃にフランスのシャンピオネ将軍らによってイタリア全土が征服されたときの情景とされている *1
 ウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードといった19世紀の論者たちは、この詩の解釈を行っていない。

 アンドレ・ラモンは第二次世界大戦中の描写とした *2
 ロルフ・ボズウェルは新年を迎えたときに起こる戦争の描写とした *3

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは近未来に想定していた第三次世界大戦で、イタリアが侵略されることの予言とした *4
 エリカ・チータムは20世紀末の事件に関する予言かもしれないとしていた *5

 五島勉は『ノストラダムスの大予言II』の時点では、1990年代のいずれかの年の初めに、挙げられている都市が全滅することと解釈した *6 。湾岸戦争開戦直前に出された『ノストラダムスの大予言・中東編』では、当時の中東危機に関連し、イラクないし他のアラブの過激国によるミサイルが、挙げられている都市に打ち込まれるおそれがあると解釈していた *7

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは、『ミラビリス・リベル』に描かれた地中海経由でのイスラーム勢力の南欧侵攻の予言が下敷きになっているとした *8

【画像】関連する地名(スピネッタ・マレンゴはナポレオンの「マレンゴの戦い」でも知られる場所。近隣にはボスコ・マレンゴがあるが省略した)


名前:
コメント: