ノストラダムス 封印された予言詩

 『 ノストラダムス 封印された予言詩 』は、2010年に邦訳されたマリオ・レディングの小説。務台夏子訳の上下巻で、新潮文庫に収められている。


【画像】上巻のカバー表紙(クリックするとAmazonのページに飛びます)

内容

 ストーリーについては原書の記事を参照のこと。

コメント

 日本語訳は、フランス語の読み方など瑣末な点で気になる箇所もあるものの、全体として非常にこなれていて読みやすい。

 原書へのコメントと重なるが、エンターテインメントとしてはよく出来ており、謎と絡み合いつつ展開するスリリングな物語は十分に楽しめる。

 ただし、ノストラダムスの失われた詩篇に数百万ドルの価値があるとか、人殺しをしてでも手に入れる価値があるといった位置づけは、1999年を境にノストラダムスへの関心が急速に冷めた日本でどの程度受け入れられるか、疑問に思える。
 なお、念のため付言しておくと、作中に1999年7月の詩は一言も出てこない。

書誌

書名
ノストラダムス 封印された予言詩
巻数
全2巻(上下巻)
著者
マリオ・レディング
訳者
務台夏子
版元
新潮社
出版日
2010年3月1日
注記
新潮文庫

外国人研究者向けの暫定的な仏語訳書誌(Bibliographie provisoire)

Titre
Nostradamus fûinsareta yogenshi (trad./ Nostradamus - les quatrains prophétiques scellés)
volumes
2 vols.
Auteur
Mario READING
Traducteur
MUTAI Natsuko
Publication
Shinchôsha
Lieu
Tokyo, Japon
Date
le 1 er mars 2010
Note
Format de poche. Traduction en japonais du livre de M. Reading, The Nostradamus Prophecies, U.K., 2009


【画像】下巻のカバー表紙(クリックするとAmazonのページに飛びます)


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • ブームが過ぎ去って10年も過ぎたのにそんな本が出版されるのが驚き。 -- とある信奉者 (2010-06-13 21:26:09)
名前:
コメント: