ユピテル

  ユピテル (ユーピテル、Jupiter)は、ローマ神話における神で、「父なるユースよ」を語源とする *1 。ギリシャ神話のゼウスにあたり、天候を司り、天罰としての雷を下す。フランス語ではジュピテール(Jupiter)、英語ではジュピター(Jupiter)。

占星術・天文学

 古来、木星にその名が与えられており、現代の英仏語でも Jupiter は木星を意味する。

錬金術・化学

 古来、錫を象徴する。

 ローマでの「ユピテルの日」(dies Jovis)が、フランス語の木曜日 jeudi の語源になっている。これはスペイン語やイタリア語でも同じである。
 英語の Thursday は北欧神話の雷神トールに由来している。


名前:
コメント: