予兆詩第119番

予兆詩第119番(旧109番) 1565年4月について

原文

Pulluler 1 peste, les sectes 2 s'entrebatre.
Temps moderé l'hiver peu de retour.
De messe & presche grievement soy debatre:
Innonder fleuves 3 , maux mortels, tout 4 autour 5 . *1

異文

(1) Pulluler : Pull.er 1605 1649Xa
(2) sectes 1565Od : Sectes T.A.Eds.
(3) Innonder fleuves : Fluve' inonder 1589Rec
(4) tout : tont 1668A
(5) autour : au tour 1565Od

(注記)1565Od は『1565年向けの暦』の異文。1589Rec はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』の異文。

日本語訳

ペストがはびこり、諸宗派は争いあう。
時節は穏やかで、冬はほとんど戻ってこない。
ミサと説教について、彼こそが深刻に討議する。
川は氾濫し、至る所に致命的な諸悪が。

信奉者側の見解

ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは1565年のこととし、その頃数年間にペストで多くの死者が出たことや、その年に大氾濫が起こったこととした *2


名前:
コメント: