Nostradamus L'éternel retour

 『 ノストラダムス 永遠回帰 』(Nostradamus L'éternel retour)は、エルヴェ・ドレヴィヨンピエール・ラグランジュの著書。2003年にガリマール社の「再発見」叢書(Découvertes)の一冊(433番)として出版された。


【画像】 表紙

内容

 いわゆる「ノストラダムス現象」を対象とする文献である。ノストラダムス自身の生涯や事績への言及は最少限度にとどめられているが、代わりに「ノストラダムス」の名がどのように売れるブランドとして確立されていったのかや、『予言集』にどのような立場からの解釈が積み重ねられてきたのかを、豊富な図版とともに振り返っている。
 また、ノストラダムス協会設立やジョルジュ・デュメジルの問題提起など、学術的なノストラダムス研究の動向についても扱われている。

 付録として、暦書、『化粧品とジャム論』、セザールへの手紙、アンリ2世への手紙などの抜粋や、ヴライク・イオネスクミシェル・ショマラなど立場の異なる論者の論文の抜粋を掲載している。

他言語版

 ガリマール社の「再発見」叢書に入っていたことから、日本では創元社の「知の再発見」双書の第118番として、『ノストラダムス ― 予言の真実』の題で出版された。

 また、トルコ語版 Nostradamus - Sonsuz Döngü が2010年にイスタンブルで出版された。表紙に使われているデザインはフランス語版と全く同じである *1


  • トルコ語版の存在については、一般社団法人潜在科学研究所の羽仁礼氏からご教示を頂きました。特記して御礼申し上げます。 -- sumaru (2010-09-28 23:42:07)(2010-10-01追記)
名前:
コメント: