荻野アンナ

  荻野アンナ (おぎのあんな、1956年)は神奈川県出身の作家、フランス文学者。慶應義塾大学文学部教授(2010年)。

経歴

 慶應義塾大学文学部仏文学科を卒業後、パリ大学で文学博士号を取得した。慶應義塾大学商学部助手、同助教授などを経て2002年から文学部教授。

 作家としては「背負い水」で第105回芥川賞(1991年)、「ホラ吹きアンリの冒険」で第53回読売文学賞(2002年)を受賞した *1

 著書に『ラブレー出帆』(岩波書店、1994年)、『パリ・華のパサージュ物語』(NHK出版、1996年)などがある。


【画像】『殴る女』表紙(クリックするとAmazon のページに飛びます)

ノストラダムス関連

 論文「ラブレーとノストラダムス」(『ノストラダムスとルネサンス』岩波書店、2000年、所収)を発表した。この論文は少々軽妙な調子も交えながら16世紀の大作家であるラブレーとノストラダムスの作品の共通点、相違点などを分析したものである。


名前:
コメント: