ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (ジャック・ルソー、1590年)

 『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』は1590年にカオールのジャック・ルソーによっても出版された。

【画像】第一部の扉 *1

正式名

第一部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS.
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont encores iamais esté imprimées. Adioustées de nouueau, par ledict Autheur.
    • A CAORS, Par Iacques Rousseau. 1590.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集
    • 前述の著者によって新たに加えられた未刊の300篇を含む。
    • カオールにて、ジャック・ルソーによる。1590年。

第二部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS.
    • Centuries VIII. IX. X. Qui n'ont encores iamais esté imprimées.
    • A CAORS, Par Iacques Rousseau. 1590.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集
    • 未刊であった百詩篇第八・九・十巻。
    • カオールにて、ジャック・ルソーによる。1590年。

 第一部、第二部とも同じ木版画が使われている。

内容

 構成は1568年版と全く同じで、第一序文(セザールへの手紙)、百詩篇第1巻から第7巻、第二序文(アンリ2世への手紙)、百詩篇第8巻から第10巻の順に942篇が収められ、補遺篇は全く含んでいない。

コメント

 原文の特色は1568年版の中でもA版と強い共通性を持っており、それが底本となったことはほぼ疑いないところである。ただし、いくらかの独自の改変が見られる。
 1568年版を偽作とするジャック・アルブロンは、このルソー版を、偽作の過程を考察する上で重要な版と見なしている *2

 カオールでノストラダムス関連書が出版されたのは、これが初めてのことであった。そして、以降、20世紀になってマックス・ド・フォンブリュヌの著書が出されるまで、関連書が出版されることはなかったのである。
 宮下志朗はこの版について「出版後進都市カオールでノストラダムスが印刷されたことは、フランス南部におけるブームを象徴するのか」 *3 とコメントした。

所蔵先

  • ロデーズのアヴェロン文学・科学・芸術協会(la Société des lettres, sciences et Arts de L'Aveyron, Rodez)、ストックホルム王立図書館
  • かつてダニエル・ルソも私蔵していた。

外部リンク



名前:
コメント: