ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (ニコラ・ロフェ未亡人、1588年)

 ニコラ・ロフェ未亡人版の『予言集』は、1588年にパリで出版された。

【画像】ロフェ未亡人版の扉(一部破損) *1

正式名

  • Les Propheties de M. Michel Nostradamvs; Dont il y en a trois cens qui n'ont encores esté imprimées, lesquelles sont en ceste presente edition. Reueues & additionnees par l'Autheur, pour l'An mil cinq cens soyxante & un, de trente neuf articles à la derniere Centurie.
    • A Paris, Pour la veufve Nicolas Roffet, sur la porte Sainct Michel, à la Rose blanche. Jouxte la coppie imprimee, l’an 1561
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集。未刊であった300篇を含み、著者によって最後の百詩篇の39篇に1561年向けの改訂・追補が行われた版


 最後の「1561年版に従った」の部分は「1557年版に従った」とする説もある。この点は後述する。

形式

 16折で総ページ数は64葉(folios)もしくは65葉。

内容

 第一序文(セザールへの手紙)は、奥付が1557年3月1日になっている。

 そのあとで百詩篇が続くが、第1巻1番から第6巻71番までの後に、第7巻の72-83番、第8巻の1-6番が収録されるという変則的な構成になっており、第7巻と第8巻の内容も正編とは異なっている。

所蔵先


特色

 扉の「1561年版に従った」という記載にもあるとおり、1561年頃のバルブ・ルニョー版を基にしていると考えられている。この点は、同じ時期に出されたピエール・メニエ版やシャルル・ロジェ版と同じであるが、これらの版の中では、表紙にルニョーがよく使っていたものと全く同じ木版画を用いている唯一の版である。

 なお、扉の「1561年版に従った」という記載は、現存する版では上の画像のように破損がひどく判読できない。トゥールーズ市立図書館のオンライン目録では、当該箇所が「1557年版に従った」と書かれている。パトリス・ギナール(未作成)はこの記述を支持した上で、この部分は元になった1561年頃のルニョー版に書かれていた記述をそのまま転記したと推測している。

書誌番号

RCN118-121(B19);BN142; R41

この版を見ることの出来るサイト

  • Gallica2
    • 表紙が欠落しているが、これと考えられる1588年版が公開されている。扉以外の全ページ分の一括ダウンロードが可能。


名前:
コメント: