予兆詩第123番

予兆詩第123番(旧113番) 1565年8月について

原文

Point ne sera le grain à suffisance.
La mort s'approche à neiger plus que 1 blanc.
Sterilité, grain pourri, d'eau 2 bondance.
Le grand 3 blessé, plusieurs de mort de flanc. *1

異文

(1) plus que : plus qus 1649Ca
(2) d'eau : d'eau' 1565Od
(3) Le grand : Le Grand 1589Rec 1594JF

(注記)1565Od は『1565年向けの暦』の異文。1589Rec はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』の異文。

日本語訳

小麦は十分というには程遠いだろう。
死は非常に白い雪が降ることに寄り添う。
不毛、腐った小麦、多量の水。
偉大な者は負傷し、そのわきには何人かの死体がある。

訳について

 現代フランス語では「~に近づく」という場合の前置詞には de をとるが、中期フランス語では à を使えた *2

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは1行目を1565年8月に当てはめ、ヨーロッパのいくつかの地方で生活費が高騰したことを指すとした。書き方が曖昧だが、3行目もこれと関連付けているようである。
 2行目は「奇妙な隠喩」で、空から降る雪のように密度濃く寄り集まる人々が引っ掻き回され、殺されることとし、1572年8月のサン=バルテルミーの虐殺と関連付けた。4行目は虐殺事件の中でシャチヨン提督が負傷したこととした *3


名前:
コメント: