百詩篇第5巻25番

原文

Le prince 1 Arabe Mars, Sol, 2 Venus, Lyon,
Regne d'Eglise par mer 3 succombera:
Deuers la Perse 4 bien pres d'vn million 5 ,
Bisance, Egipte 6 , ver. serp. 7 inuadera.

異文

(1) prince 1557U 1557B 1568 1589PV 1590Ro 1649Ca 1650Le 1668 1772Ri : Prince T.A.Eds.
(2) Sol,: Sol. 1611B
(3) mer : Mer 1672
(4) Perse : Persa 1605 1649Xa
(5) million : Million 1672
(6) Egipte : Egipre 1589PV, Ægypte 1672
(7) ver. serp.: ver.serp 1557B 1607 1649Xa, ver,serp. 1627, ver serp 1665 1716, versera, 1588-89, Ver.Serp. 1672

校訂

 4行目のver.serp.にはさまざまな可能性があるが、それについては当該記事を参照のこと。

日本語訳

アラブの君主に、-火星、太陽、金星、獅子宮-
教会の支配は海から敗れるだろう。
ペルシャの方へと、まさにほぼ百万。
ビュザンティオンとエジプトに真の蛇が侵攻するだろう。

訳について

 1行目は普通に読めば、「アラブの君主、火星、太陽、金星、獅子宮」という名詞の列挙にしかならない。アラブの君主を2行目と繋げ、星位を挿入的に読むのは、ピエール・ブランダムールの句読点の打ち方やピーター・ラメジャラーの英訳を参照したものである *1

 4行目はver.serp.の意味を特定できないため、様々な可能性がある。上の読み方は最も一般的と思われるものを採用したが、ほかにも
  • ビュザンティオンとエジプトに、とぐろを巻いた蛇(または真の柩)が侵攻するだろう。
  • ビュザンティオンとエジプトは、真の蛇(またはとぐろを巻いた蛇、真の柩)に侵攻するだろう。
  • ビュザンティオンとエジプトは、北方へと侵攻するだろう。
  • ビュザンティオンとエジプトは、見て、屈曲して、侵攻するだろう。
などの候補がある。

信奉者側の見解

 1行目の星位は、「太陽、火星、金星が獅子宮にあるとき」と理解される。リー・マッキャン(未作成)がここでの星位は1987年8月21日に起きるとして以来、その時の騒乱と解釈されることがあった。この期日を実際に過ぎた後で、ジョン・ホーグは当時行われていたイラン・イラク戦争などと関連付けた *2 。ホーグは、この星位が未来のものならば、2000年8月、2019年8月、2032年8月にも見られるとしている。

 飛鳥昭雄は、示されている星位とほぼ一致する1998年8月21日に、アメリカがアフガニスタンとスーダンに巡航ミサイルを打ち込んだことを踏まえ、それが将来アメリカの中東からの撤退や、イランを中心とするイスラム連合軍によるトルコ・エジプトへの攻撃、さらに第三次世界大戦の布石になると解釈していた *3

 近未来の中東戦争とする見解は、内容的にはそれぞれ異なるが、ほかに五島勉ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌも主張していた。五島は、1行目は星位ではなく国の象徴で、英国(獅子)、日本(太陽)、アメリカ(金星)が、トルコ、エジプトなどとともにイランの辺りに集結するような中東大戦が起こると解釈した *4 。フォンブリュヌも1行目を星位でなく象徴と捉えるのは同じだが、彼はこの詩を1999年以降にトルコやエジプトへのアジアからの侵略があると解釈した *5

同時代的な視点

 ノストラダムスの時代から見て未来のことを書いているとしたピエール・ブランダムールは、百詩篇第5巻14番百詩篇第5巻23番(未作成)とともに、1594年7月半ばを想定していたのだろうと推測している *6 。ノストラダムスは、暦書で16世紀末から17世紀初頭にかけての破局的な状況を描いているので、近い将来にオスマントルコが侵攻してくると考えていたとしてもおかしくはない。

 『ミラビリス・リベル』のモチーフとの類似性を指摘するピーター・ラメジャラーは、その一方で、ノストラダムスの存命中にこの星位になった時期として、1535年から1536年にかけてと、1564年7月を挙げている *7

 他方でエドガー・レオニは、「百万」という数字を除けば、この詩とよく似た状況が7世紀にも見られたと指摘している。ペルシャはアラブ人の侵攻を受けてイスラム帝国に編入されたし(642年)、先にエジプトもそうなっていた(641年)。また、655年にアラブの艦隊は東ローマ帝国の艦隊に大勝している *8 。こうしたことは詩の情景と確かに一致している。

 この詩の場合、モチーフを未来と過去のどちらに求めるのかで「ビュザンティオン」(コンスタンティンノポリス、イスタンブール)の位置付けも変わってくる。東ローマ帝国の首都としてなら、ギリシャ正教の都であって「アラブ人が攻める」対象となるが、オスマントルコの都としてならば、「アラブ人が攻める」のはおかしいからである。この点は、コプト教の生まれた国であるエジプトについても似たようなものである。当然、これらの点は4行目をどう訳すべきかという問題とも直結しているし、2行目の「教会の統治」がビュザンティオン(東ローマ皇帝はコンスタンティノポリス総大主教の任免権を持っていた)を指すのか、ローマなどを指すのかという点にも関わってくる。

 なお「真の蛇」という読みが正しいのなら、旧約聖書『創世記』に登場する誘惑者としての蛇と関連付けることが出来るのかもしれない。「アンリ2世への手紙」29節には、「サラセン人たちの憎むべき誘惑」という表現が登場しており、イスラム教徒を誘惑者として捉えているように読めるからだ。


コメント欄
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • これはまだ未来に属することであり、イラクとアフガンあわせて100万近い兵が集まるのだろう。 -- とある信奉者 (2010-03-07 23:12:03)
  • 2015年8月にも「火星、太陽、金星、獅子宮」この星位は見られます。 -- f (2012-02-07 19:41:50)
名前:
コメント: