ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (アントワーヌ・ボードラン)

 1644年頃から1665年頃にかけて、リヨンでは様々な出版・印刷業者達が『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』を刊行した。アントワーヌ・ボードランは単独出版こそ少ないものの、他の業者たちと組んで多くの版を刊行した。

【画像】アンドレによる第一部の扉(左)、ボードランによる第二部の扉(右) *1

基本的な形式

 当「大事典」で直接比較しているのは、アンドレ/ボードラン版、ジャン・ユグタン/ボードラン版、ゲー/ボードラン版の3つだけだが、字の歪みなども共通しているので、ボードランが関わった版は扉を差し替えているだけで、実質的に同じ印刷版が使われているのではないかと思われる。
 以下の点はどの版でも共通している。

題名

第一部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS,
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont iamais esté imprimées. Adioustées de nouueau par ledit Autheur.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集。
    • 前述の著者によって新たに加えられた未刊の300篇を含む。

第二部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS.
    • Centuries VIII. IX. X. Qui n'ont encores iamais esté imprimées.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集。
    • 未刊であった百詩篇第八・九・十巻。

内容

 第一部は、第一序文(セザールへの手紙)、百詩篇第1巻から第6巻(ラテン語詩は含むが、補遺篇の百詩篇第6巻100番は含まない)、第7巻(43番44番を含む44篇)の順に収められている。なお、第一序文の日付は年表示を含まない単なる「3月1日」になっている。
 第二部は、第二序文(アンリ2世への手紙)、百詩篇第8巻から第10巻(101番を含む)、第11巻(四行詩2篇と六行詩58篇)、第12巻(56番を除く10篇)が収められている。

各版の情報

 版ごとに異なっているのは、題名の下に書かれた住所表示である(ボードラン/ボードランだけは題名自体が異なっているが、ここで一括して扱う)。

ジャン・ユグタン/ボードラン

第一部
  • A LYON, Chez IEAN HVGVETAN, en ruë Merciere.
第二部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.

 この版は、メルランの推測では1653年から1662年の間に刊行されたという *2
 リヨン市立図書館に唯一現存している。

オラース・ユグタン/ボードラン

第一部
  • A LYON, Chez HORACE HVGVETAN, en ruë Merciere.
第二部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.

 オラースの活動時期は1649年から1665年なので、その間に刊行されたはずである。
 ロチェスター大学に唯一現存している。

ボードラン/ボードラン

第一部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.
第二部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.

 ロベール・ギーが唯一所蔵している。にわかに信じがたいが、彼によれば第一部のタイトルは、LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMUS. Centuries I, II, III, IV, V, VI, VIIとなっているという *3

ゲー/ボードラン

第一部
  • A LYON, Chez NICOLAS GAY, en ruë Tupin.
第二部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.

 ロベール・ブナズラによると、ruë Tupin の r は逆さまに印字されているという *4ニコラ・ゲー(未作成)の活動歴からすれば、チュパン通りに戻ったのは1652年以降のことである。
 ウィーン国立図書館に現存しており、かつてはダニエル・ルソも私蔵していた。

アンドレ/ボードラン

第一部
  • A LYON, Chez PIERRE ANDRE' ruë merciere.
第二部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.

 ピエール・アンドレの活動は1648年以降のことである。
 リヨン市立図書館とフィレンツェ国立図書館に所蔵されている。

カルトロン/ボードラン

第一部
  • A LYON, Chez IEAN CARTERON en ruë Tupin.
第二部
  • A LYON, Chez ANTOINE BAVDRAND, en rue Confort à la Fortune.

 ジャン・カルトロンの活動開始時期は1649年と1658年の2説ある。
 パドヴァ大学に唯一所蔵されている。

刊行年

 扉には記載されておらず、ミシェル・ショマラロベール・ブナズラは1644年から1665年の間と捉えている。しかし、業者たちの活動歴からもう少し絞り込める可能性がある。
 アントワーヌ・ボードランは、リヨン活動中に Rue Coucheboef → (En) Rue Confort → En la place (de) Confort と住所を変えているが、『予言集』の版は全て Rue Confort 時代に出されている。その正確な期間は不明だが、メルランに拠れば1653年には既にその表示を使っていたという。他方で、メルランはボードランとジャン・ユグタン版を1653年から1662年の間に位置付けているので、Rue Confort だったのはその時期であろうと思われる *5
 このことから、ひとまず1653年から1662年の間の可能性が高いとは言えるだろう。
 さらに、共同で印刷を手がけた業者の一人、ジャン・カルトロンの活動開始時期を1658年とする見解が正しく、なおかつボードランの手がけた版が全てほぼ同じ時期に出されていたのなら、これらの版の刊行時期は1658年から1662年の間にまで絞り込めることになる。

原文の特色

 当「大事典」が参照している版に限れば、1644年版に比べて、より多くの改変箇所が存在している。


名前:
コメント: