ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (ブノワ・リゴーの後継者たち)


【画像】後継者たち版の第一部扉(左)、第二部扉(右) *1

正式名

第一部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS.
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont encores iamais esté imprimees. Adioustees de nouueau par ledict Autheur.
    • A LYON, Par les heritiers de Benoist Rigaud.
    • Auec Permission.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集
    • 前述の著者によって新たに加えられた未刊の300篇を含む。
    • リヨンにて、ブノワ・リゴーの後継者たちによる。
    • 特認とともに。

第二部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS.
    • Centuries VIII. IX. X. Qui n'ont encores iamais esté imprimees.
    • A LYON, Par les heritiers de Benoist Rigaud.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集
    • 未刊であった百詩篇第八・九・十巻
    • リヨンにて、ブノワ・リゴーの後継者たちによる。

内容

 十六折版で第一部は64葉、第二部は40葉である。
 内容は1568年ブノワ・リゴー版と同じで、第一部は第一序文(セザールへの手紙)、百詩篇第1巻1番から第7巻42番までの642篇、第二部は第二序文(アンリ2世への手紙)、百詩篇第8巻1番から第10巻100番までの300篇で、補遺篇などは一切含んでいない。

特色

 1568年版に比べると改変箇所が目立つが、17世紀初頭のピエール・リゴー版ほどには多くない。時期的に言っても、その2つの版を橋渡しするかのような版といえるだろう。

刊行年

 刊行年の記載はないが、「ブノワ・リゴーの後継者たち」という名義が見られたのは1597年から1601年までの間なので、従来の諸論者の推測もその枠に収まってきた。

所蔵先

 かつてカール・フォン・クリンコヴシュトレム(未作成)が所蔵していた版は、現在ロンドン大学図書館ハリー・プライスコレクションに収められている。
 フォン・クリンコヴシュトレムは第一部が「後継者たち」版、第二部がピエール・リゴー版という奇妙な版も持っていたが、そちらはリヨン市立図書館ミシェル・ショマラ文庫に収められている。
 ダニエル・ルソは微妙に異なる2冊の伝本を持っていた。そのうち片方は2006年のオークションで売りに出され、マリオ・グレゴリオが400ドルで落札し、インターネット上で公開してくれている。もう一冊はエクトール・リゴーからダニエル・ルソへと受け継がれる形になった版だが、2007年のオークションで1020ドルで落札された後、行方不明になっている *2
 ほかに、アルル市立図書館には第一序文の最初の8ページ分だけが現存している。

外部リンク



名前:
コメント: