予兆詩第127番

予兆詩第127番(旧117番) 1565年12月について

原文

Gelée, glace, classe 1 plus que concorde :
Vefves matrones, feu, deploration :
Jeux, esbats, joye, Mars citera discorde :
Par mariages bonne expectation. *1

異文

(1) Gelée, glace, classe conj.(BC) : Gellee, classe 1565Od, Gelée, classe, guerre 1589Rec, Forte gelée. glace 1594JF 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668, Forte geléé. glace 1605

(注記)1565Od は『1565年向けの暦』の異文。1589Rec はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』の異文。

校訂

 1行目に単語の欠落があり、それをどう埋めるのかが問題となる。ベルナール・シュヴィニャールの校訂は韻律に着目したものである。

日本語訳

融和よりもむしろ霜と氷と艦隊。
高齢で品のある未亡人たち、火、悲嘆。
遊戯、娯楽、喜び。マルスは不和を呼び込むだろう。
何組かの結婚によって良い期待が。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1565年12月に当てはめた。そして、1行目の「融和よりも」の部分を、一応の平和(1563年に第1次ユグノー戦争が終わってから1567年に第2次が勃発するまでの戦間期に当たっていた)が保たれる中で、まだひと悶着あることを疑う人々がいたこととした。2行目から3行目前半については何も語っておらず、4行目の「結婚」も適切な事例を示せなかった。後半の「マルス」はコリニー提督のことではないかとした *2


名前:
コメント: