ジャック・カイユエ

  ジャック・カイユエ (Jacques Cailloué, 1590年代 - 1664年)は、17世紀に活動したフランスの出版業者。

 イザーク・カイユエ(Isaac Cailloué)の息子で、1612年から活動を始めたが、親方になったのは1618年のことであった。ルーアンとル・プチ=クヴィイ(Le Petit-Quevilly)でともに1612年頃から1663年頃まで活動したらしい。

 ルーアンの出版物の住所表示は当初「宮殿近くのユダヤ人通り」(Rue aux Juifs, près le Palais)となっており、のちに「宮殿の中庭で」(Dans la cour du Palais)や「宮殿で」(Au Palais)とするようになった *1

ノストラダムス関連

 1649年にジャン・ヴィレ、ジャック・ブゾンニュとともに『予言集』ルーアン版を出した。
 なお、その著者表示は CAILLOVE’ という分かりづらいものだったので、ノストラダムス関連文献では、この人物の姓はカイヨーヴ(Caillove) *2 、カイユー(Cailloue) *3 など、統一性がなかった。
 当「大事典」では出版史の専門家たちの表記を踏襲している。


名前:
コメント: