ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (クロード・ラ・リヴィエール、1651年)

 1644年頃から1665年頃にかけて『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』を何版も刊行したクロード・ラ・リヴィエールは、1651年にも単独で『予言集』を出版していた。

【画像】第一部の扉 *1

正式名

第一部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS,
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont iamais esté imprimées. Adioustées de nouueau par ledit Autheur.
    • A LYON, Chez CLAVDe LA RIVIERE, rue merciere à la Science. M.DC.LI.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集。
    • 前述の著者によって新たに加えられた未刊の300篇を含む。
    • リヨン、メルシエール通りの「科学」(の旗印を持つ)クロード・ラ・リヴィエールの工房にて。1651年。

第二部
  • LES PROPHETIES DE M. MICHEL NOSTRADAMVS.
    • Centuries VIII. IX. X. Qui n'ont encores iamais esté imprimées.
    • A LYON. Chez CLUADE DE LA RIVIERE.
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集。
    • 未刊であった百詩篇第八・九・十巻。
    • リヨンのクロード・ド・ラ・リヴィエールの工房にて。

 第一部の題名などは、上の画像に拠った。CLAVDe の e が小文字なのは画像のままだが、rue の r が逆に印字されていることまでは再現していない。
 第二部の住所表示はダニエル・ルソの紹介に依拠している *2

 1644年版1665年版は複数確認されているが、1651年と明記されている版は他にない。

内容

 この内容について唯一言及している人物であるダニエル・ルソは、1644年リヨン版と同じ内容を含むとしていた。
 そのことからすれば、第一部は、第一序文(セザールへの手紙)、百詩篇第1巻から第6巻(ラテン語詩は含むが、補遺篇の百詩篇第6巻100番は含まない)、第7巻(43番44番を含む44篇)の順に収められているのだろう。
 また第二部は、第二序文(アンリ2世への手紙)、百詩篇第8巻から第10巻(101番を含む)、第11巻(四行詩2篇と六行詩58篇)、第12巻(56番を除く10篇)が収められているものと思われる。

所蔵先

  • オランダ王立図書館に唯一所蔵されている。

書誌

 この版については、ミシェル・ショマラロベール・ブナズラ1665年リヨン版と同一視していた *3
 これは、ルソの本のフランス語版で、この版の刊行年部分が M.DC.LI. (1651年)ではなく、M.DC.LXV (1665年)と誤って書かれていたことから、それを基に分類してしまったものと考えられる。


名前:
コメント: