ALMANACH POVR L'AN M. D. LXVI.

 『 1566年向けの暦 』(Almanach pour L'An M. D. LXVI.)は、1565年に出されたノストラダムス暦書リヨンアントワーヌ・ヴォランピエール・ブロトーが出版した。

【画像】『1566年向けの暦』の扉 *1

正式名

  • ALMANACH POVR L'AN M. D. LXVI. auec ses amples significations & explications, composé par Maistre Michel de Nostradame Docteur en medecine, Conseiller ET Medecin ordinaire au Roy, de Salon de Craux en Prouence.
    • A LYON. Par Anthoine Volant, & Pierre Brotot.
  • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士、王附常任侍医兼顧問ミシェル・ド・ノストラダーム師により構成され、数多くの(前兆の)意味づけとその説明を付記した1566年向けの暦。
    • リヨンにて、アントワーヌ・ヴォランとピエール・ブロトーによる。

内容

 144ページからなる。
 まず、守護聖人などが書かれたカレンダーが掲載されており、各月の冒頭には予兆詩が掲げられている。
 そのあと、扉と全く同じ中扉を挟んで、移動祝日の一覧などと1566年全般向けの予兆詩が収録されている。
 続いて「タンド伯オノラ・ド・サヴォワ閣下」(Monseigneur Messire Honorat de Sauoye Comte de Tande)にあてた献辞が収録されているが、手書きのような独特の書体で綴られている *2
 次に各日ごとの簡潔な予言が記されたカレンダーが掲載され、そこでも各月の冒頭には予兆詩が収録されている。ただし、あまり印刷時に注意が払われなかったのか、最初のカレンダーと2つ目のカレンダーの予兆詩にはいくつもの異文が存在している。

 次に散文で書かれた各月ごとの詳細な予言(Prediction)が続く。これらはジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』では第11巻全体に対応している。

 最後にリヨンとパリの大市の日程表と特認の抜粋が掲載されている。

所蔵先

  • ヴィットリオ・エマヌエレ図書館(Biblioteca Vittorio-Emmanuele, イタリア・ナポリ)、マギル大学オスラー医学史図書館(Oslar Lib. for History of Medicine, McGill Univ., カナダ・モントリオール)

復刻

 ノストラダムス協会の機関誌『ミシェル・ノストラダムス研究誌』第5・6合併号に、マギル大学の蔵書の全ページ分のフォトコピーが掲載された。

外部リンク



名前:
コメント: