An alminacke and prodigious premonstration, made for the yeare of grace. 1566.

 『 1566年向けの暦と驚異の前兆 』(An Alminacke and prodigious premonstration, made for the yeare of grace. 1566.)は、1566年頃にロンドンのヘンリー・デナムによって出版されたノストラダムス暦書。偽版であろうと推測されている。

【画像】『1566年向けの暦と驚異の前兆』の扉 *1

正式名

  • An Alminacke and prodigious premonstration, made for the yeare of grace. 1566. By Mi. Nostrodamus,
    • The God which eche mans visage well doth see, /His temple gates to come for to vnbarre : / And Pandores boxe vncouered shall bee,/ A great thicke cloude for to dissolue from farre
  • Mi. ノストロダムスによって1566年向けに作成された暦と驚異の前兆
    • 神はそれぞれの者たちの顔をよく御覧になる。/来るべき神殿の門をお開きになるために。/そしてパンドラの箱の蓋が取り去られるだろう。/分厚い大きな雲を遠くから取り去るために。

内容

 この暦書は扉しか現存していないため、内容は全く分からない。
 しかし、扉に掲げられた四行詩は英語で韻を踏んでいるため、フランス語から訳されたものでないことが明らかである。
 また、ノストラダムス本人は Mi. という略し方を一度も使っていなかったため、著者名の Mi. ノストロダムスという表記も不自然である。Mi. という略し方はノストラダムス2世の著作になら見られる。
 ピエール・ブランダムールはこれらの点から偽版と推測していた *2

所蔵先

  • 大英図書館に扉のみ現存している。


名前:
コメント: