Il Vero Pronostico

 『 優れた占星術師にして哲学者であるフランス人ミシェル・ノストラダムス師により算定された真の占筮 』(Il Vero Pronostico Calcolato Dall'Eccellmo. Astrologo, et Filsofo M. Michel Nostradamo Francese)は、イタリア語で刊行されたノストラダムス暦書。ボローニャでアレッサンドロ・ベナッチによって1566年に出版されたが、単なる偽版のようである。

【画像】『真の占筮』の扉 *1

正式名

  • Il VERO PRONOSTICO CALCOLATO DALL'ECCELL. mo ASTROLOGO, ET FILOSOFO M. MICHEL Nostradamo Francese.
    • Il qual narra diligetemente tutte le peruerse calamità, che deue incorrere l'Anno 1566. come per ragioni Astronomiche lo dimostra.
    • Et il modo ancora da guardarsi dalle peruerse constellationi con l’aiuto dell’onnipotente Iddio qual voglia uietare tal influssi Celesti.
    • Con un bellissimo discorso delli Raccolti di detto Anno, come leggendo intenderai.
    • Con licentia delli Superiori.
    • In Bologna per Alessandro Benatio. MDLXVI
  • 優れた占星術師にして哲学者であるフランス人ミシェル・ノストラダムス師により算定された真の占筮。
    • (中略)
    • 御上の認可とともに。
    • ボローニャのアレッサンドロ・ベナッチによる。1566年

内容

 四つ折版8ページの文献である。
 前書きに続いて1566年全般向けの要約的な予兆(散文)と月蝕についての記述が収録され、残り4ページ分は「最も高名にして最も優れたオルレアン公へ」(All'Illustrissimo, & Eccellentisimo Duca d'Orliens)と題された献辞になっている。

分析

 ジャック・アルブロンは、オルレアン公宛ての献辞が『1563年向けの占筮』や『1565年に始まり1570年分まで歴年を語るミシェル・ノストラダムス師の予兆と占筮』など、イタリア語で出された偽の暦書に収録されたピウス4世宛ての献辞を転用したものであると指摘した *2
 なお、上記『1563年向けの占筮』を出版したのも、アレッサンドロ・ベナッチであった。

 それに加えて、ピエール・ブランダムールは本文に『1565年に始まり1570年分まで歴年を語るミシェル・ノストラダムス師の予兆と占筮』からの換骨奪胎が見られることや、文中に見られる日蝕の記述がでたらめなことなどを指摘した *3

 以上から、この版が単なる偽版であることは疑いのないところであろう。

所蔵先

 フランス国立図書館に唯一現存している。この伝本には手書きでの様々な書き込みがある。ミシェル・ショマラは疑問符付きで、それらが再版を目指して行われた修正だった可能性を示した *4

外部リンク



名前:
コメント: