ネプトゥヌス

  ネプトゥヌス (Neptunus)はローマ神話の海神である。英語ではネプチューン(Neptune)、フランス語ではネプチュヌ(Neptune)。ギリシア神話でのポセイドンに対応する。

天文学・占星術

 「海王星」にその名が与えられているが、その発見は1846年のことであり、ノストラダムスは認識していなかった。信奉者の中には百詩篇集に登場する Neptune には、「海王星」と訳すべき用例が存在していると主張する者たちもいる。

ノストラダムスの用例

 ノストラダムスはネプトゥヌスを「提督」、なかんずく知人であったラ・ガルド男爵の隠喩として用いることがあった。これは解釈の結果ではなく、『ガレノスの釈義』に載せられたラ・ガルド男爵あての献辞で実際に見られる用法である。

 百詩篇集では単なる「水」の隠喩として用いられている箇所があるとも指摘されている *1


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 海軍力の強い英国ないし米国。同時に当時未発見であった海王星の意味もある。 -- とある信奉者 (2010-08-16 21:30:03)
名前:
コメント: