予兆詩第136番

予兆詩第136番(旧126番) 1566年8月について

原文

Pluyes fort excessives 1 , & de biens abondance :
De bestail 2 pris juste 3 estre : femmes hors de danger :
Gresles, pluyes, tonnerres : peuple abatu en France :
Par mort travailleront : mort peuple corriger. *1

異文

(1) excessives : excessiués 1649Xa
(2) bestail : besteil 1605 1649Xa
(3) juste : just 1566Br

(注記1)1566Br は『1566年向けの暦』の異文。この暦書は2箇所ずつ予兆詩が登場しているが、この詩には登場箇所による違いはない。
(注記2)ジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』では、1行10音綴りに書き直されている。

日本語訳

並外れた豪雨と豊富な物財で
家畜の価格は適正になる。だから女性たちは危険の外に。
しかし雹、雨、雷鳴で、フランスでは人々が打ちのめされる。
死によって彼らは働くだろう。つまり死が人々を正すのだ。

訳について

 ドゥーポワン(コロン)は、原因、結果、対立関係などをつなぐときに使われる。あえて訳出しなくてもそれほど差し支えのないケースもあるが、この詩では(少なくともベルナール・シュヴィニャールの校訂において)ドゥーポワンが多用されているため、文脈に応じていくつか言葉を補った。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは1566年8月に位置付けたが、この年が豊作だったという以外には、1558年の予兆を引き合いに出すなどしてはいるが、具体的な事件との関連付けを行わなかった *2


名前:
コメント: