アントワーヌ・ヴォラン

  アントワーヌ・ヴォラン (Antoine Volant)は16世紀リヨンの出版業者。
 出版業・書肆以外にも芸術方面に才能を発揮し、1545年から1573年までの間に、彫刻家(tailleur d'histoires *1 )、画家、ドミノチエ(dominotier *2 )などの職業も経験していた。

 1561年からは出版業者のトマ・ド・ストラトン(Thomas de Straton)と親しくなり、共同事業なども行った。1564年にリヨンでペストが流行したときには、ヴォランは子ども2人の後見人にストラトンを指名したほどに信頼していたが、皮肉にもそのペスト流行時にストラトンが病没してしまった *3

ノストラダムス関連

 1555年に『化粧品とジャム論』の初版を出版し、1556年と1560年に再版した。
 暦書の共同出版も行い、ジャン・ブロトーと共同で
を出版し、ピエール・ブロトーと共同で
を出版した。


名前:
コメント: