ALMANACH PER L'ANNO D.M.LXVII

 『 1567年向けの暦 』(Almanach per l'Anno M. D. LXVII.)は、イタリア語訳されたノストラダムス暦書正規の『1567年向けの暦』フランス語版に基づいていた。

【画像】『1567年向けの暦』の扉 *1

正式名

  • ALMANACH PER L'ANNO D.M.LXVII COMPOSTO PER M.MICHEL NOSTRADAMO DOTTOR IN MEDICINA ET CONSIGLIERO DEL RE CHRISTINISSIMO, Tradotto fidelmente del Francese nell'Italiano.
    • Con duoi diuersi Calendarii & molto stupende dichiarationi dell'Eclisse del Sole del presente anno 1567 & per duoi altri anni seguenti.
  • 篤信の国王の顧問にして医学博士ミシェル・ノストラダムス師により構成され、フランス語からイタリア語へ忠実に訳された1567年向けの暦
    • 二つの異なるカレンダーと今年1567年と続く年の間に起こる日蝕に関する多くの驚くべき叙述とともに。

内容

 白紙ページを除くと68ページ分からなる。

 冒頭にビラゴ宛(AL MOLTO-ILLVSTRE SIGNOR IL SIGNOR BIRAGO consigliero dal consigliero secreto del Re di Francia, Gouernatore & Luogotenente Generale per sua Maestà nel paese di Lion & Beaugiolese in absentia del Signor Principe & Duca di Nemours. Michel de Nostradamo Salute, buona & felice vita.)の献辞が収録されている。

 続いて題名にもあるように2種類のカレンダーが収録されており、最初のものには予兆詩のイタリア語訳も付いている。

 そのあとには散文体の予兆が収録されており、これが全体の半分ほどを占めている。

 最終ページは出版社からの、ノストラダムスが1566年7月2日に亡くなった旨のコメントが訳出されており、同じページの最後に「モンテ・レガレで1567年に印刷された」(Stampato nel Monte Regale. 1567.)と書かれている。

 この年向けの正規のフランス語版『1567年向けの暦』に比べてページ数が少なく、抄訳であろうと思われるが、フランス語版の現存が確認できていないため、オリジナルの暦書を窺い知るための十分に貴重な資料といえる。

出版業者

 巻末に書かれている出版地「モンテ・レガレ」とはモンドーヴィ(Mondovì)のことである。出版者名は書かれておらず、ミシェル・ショマラロベール・ブナズラはその点に触れていないが、ピエール・ブランダムールベルナール・シュヴィニャールリオナルド・トッレンティーノと特定している *2

所蔵先

  • ヤギェヴォ大学図書館(Biblioteka Jagiellonska, ポーランド・クラクフ)に唯一現存している。

外部リンク



名前:
コメント: