予兆詩第140番

予兆詩第140番 1566年12月について

原文

Mars posera les armes : prestres non trop contens:
Malheur sur gens d'Eglise tant du presche que messe 1 :
La messe au sus sera. Dieu seul omnipotent
Apaisera le tout, mais non sans grand destresse. *1

異文

(1) messe : Messe 1566Brb

(注記1)1566Br は『1566年向けの暦』の異文。この暦書は2箇所ずつ予兆詩が登場していることから、最初に登場している方を 1566Bra とし、後に登場している方を 1566Brb とした。
(注記2)ジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』にも見られるが、めぼしい異文はない。この詩は1594JFでは数語だけの抜粋しか載らなかったため、他の異文も存在しない。

日本語訳

マルスが武器を置くだろう。それでも司祭たちは余り満足しない。
説教の方にもミサの方にも教会の人々には不幸が。
ミサは上にあるだろう。万能にして唯一の神が、
万民をなだめるだろう。しかし大きな悲嘆がなくもない。

信奉者側の見解

 この詩は『フランスのヤヌスの第一の顔』では予兆詩第101番の解釈の中で、La messe au sus sera. という3行目の一部が引き合いに出されただけで、1605年版以降の『予言集』各版にも引き継がれなかった。そのため、この詩に関してはジャン=エメ・ド・シャヴィニーが手稿『散文予兆集成』において、ついに休戦が実現することとカトリック・プロテスタント両派に不幸があることと解釈した以外には、信奉者側の解釈が存在しない。

同時代的な視点

 「説教」がプロテスタント、「ミサ」がカトリックの隠喩というのは、シャヴィニーの指摘通りだろう。


名前:
コメント: