semes

 予兆詩第141番(旧130番)に登場する semes は、百詩篇第8巻52番に登場する semeと区別され、「種を蒔く」の派生語と理解される。
 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーエドガー・レオニは semence (種)の意味とし、ベルナール・シュヴィニャールは semailles (種蒔き、種蒔きの時期)の意味としている *1

登場箇所


関連項目



名前:
コメント: