秋津邦彦

  秋津邦彦 (あきつ くにひこ)は、1992年にノストラダムスの解釈書『ノストラダムス 今世紀最後の大予言(未作成)』を執筆したライター。

 著者略歴によれば、1929年にロードアイランド州アーカムで生まれ、ミスカトニック大学神秘学部を中退し、世界ノストラダムス学会の名誉会員になっているというが、アーカムやミスカトニック大学はラヴクラフトが創作した架空の地名・大学名である *1 。また、国際的に認知されている団体としては、「世界ノストラダムス学会」という団体も実在が確認できない。

 山本弘は「たぶん怪奇小説ファンの無名のライターが、安直にでっち上げた本なのだろう」と推測しているが *2 、架空の略歴や著書の内容から十分に説得的な推測といえる。


名前:
コメント: