予兆詩第147番

予兆詩第147番(旧136番) 1567年6月について

原文

Par le thresor trouvé l'heritage du pere.
Les Rois & magistrats 1 , les nopces, ennemis,
Le public mal-veuillant 2 , les juges 3 & le maire 4 :
La mort, pœur & frayeur, & trois grands 5 à mort mis. *1

異文

(1) magistrats conj.(BC) : Magistrats T.Eds.
(2) mal-veuillant : mal-vueillant 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668A, mal-veillant 1668P
(3) juges conj.(BC) : Iuges T.Eds.
(4) le maire conj.(BC) : le Maire 1594JF(pp.154, 184) & T.A.Eds. (sauf : Le Maire 1594JF(p.208))
(5) grands conj.(BC) : Grands T.Eds.

(注記1)この詩の初出である『1567年向けの暦』は現存していないため、底本になっているのは1594JFである。
(注記2)ジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』には、綴り直されたバージョンが収録されている。

日本語訳

財宝の形で父の遺産が発見される。
王たちと行政官たち、婚礼、敵たち、
悪意を持つ公衆、判事たち、市長。
死、怯えと恐怖。そして三人の大物が死ぬ。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1行目をノストラダムス自身が家に遺した財産のこととした。次に4行目後半の「三人の大物が死ぬ」の部分だけは1569年のこととし、コンデ親王、ダンドロ(コリニー提督の弟)、プファルツ=ツヴァイブリュッケン公ヴォルフガング(フランスに侵攻し戦死した)が相次いで亡くなったこととした。詩の残りの部分は、全てサン=バルテルミーの虐殺(1572年)と解釈した。 *2


名前:
コメント: