予兆詩第149番

予兆詩第149番(旧138番) 1567年8月について

原文

Les ennemis 1 secrets seront emprisonnez:
Les Rois & magistrats 2 y tiendront la main seure.
La vie de plusieurs, santé, malade 3 yeux, nez.
Les deux grands 4 s'en iront bien loin à la male heure. *1

異文

(1) ennemis 1594JF 1668P : Ennemis T.A.Eds.
(2) magistrats conj.(BC) : Magistrats T.Eds.
(3) malade 1594JF : maladie T.A.Eds.
(4) grands : Grands 1594JF

(注記1)この詩の初出である『1567年向けの暦』は現存していないため、底本になっているのは1594JFである。
(注記2)ジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』には、綴り直されたバージョンが収録されている。

訳について

秘密の敵たちは投獄されるだろう。
王たちと行政官たちはそこに安全策を施すだろう。
多くの命に関わる脅威。双眼と鼻の健康と病気。
二人の偉人たちは悪い時に連れだってかなりの遠出をするだろう。

訳について

 vie は通常「生命、生活」などの意味だが、中期フランス語ではそれだけで「命に関わる脅威」(menace qui pèse sur la vie)を意味した *2 。病気の話が出ている文脈からはそちらの方が適切ではないかと判断し、そのようにした。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、最初の3行をサン=バルテルミーの虐殺(1572年)と結びつけた。最後の行だけは1568年のコンデ親王とコリニー提督の行動とした *3


名前:
コメント: