予兆詩第151番

予兆詩集第151番(旧140番) 1567年10月について

原文

Les Rois & magistrats 1 par les morts la main mettre.
Jeunes filles malades, & des grands 2 le corps 3 enfle 4 .
Tout par langueurs & nopces, ennemis serfs au maistre.
Les publiques douleurs, le composeur 5 tout enfle 6 . *1

異文

(1) magistrats conj.(BC) : Magistrats T.Eds.
(2) grands conj.(BC) : Grands T.Eds.
(3) le corps 1594JF : corps T.A.Eds.
(4) enfle : enflé 1650Le 1668
(5) composeur conj.(BC) : Composeur 1594JF 1605 1628 1649Xa, composent 1649Ca 1650Le 1668
(6) tout enfle : tout enflé 1650Le 1668

(注記1)この詩の初出である『1567年向けの暦』は現存していないため、底本になっているのは1594JFである。
(注記2)ジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』には、綴り直されたバージョンが収録されている。

日本語訳

王たちと行政官たちは死者たちによって手を置く。
若い娘たちは病気に罹り、偉人たちの体は腫れ上がる。
まさしく物憂さと婚礼によって、敵たちは主人に隷属する。
公共の苦痛、作り手はひどく腫れ上がる。

訳について

 4行目の composeur は中期フランス語では composer (作詩する、作曲する、本を書く、活字を組むなど)や confectionner (料理する、服を仕立てるなど)をする人を指すので、非常に範囲が広い。「作り手」という上の訳はいかにも曖昧だが、文脈からそれ以上限定することは困難である。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1行目と3行目をサン=バルテルミーの虐殺事件後のことと解釈した。2行目は時代が違うとして解釈を棚上げした。4行目の「作り手」はこの詩の作者であるノストラダムス自身が、この詩を書いていた1566年6月頃に水腫に悩まされていたこととした *2


名前:
コメント: