百詩篇第9巻7番

原文

Qui ouurira le monument 1 trouué 2 ,
Et ne viendra le serrer 3 promptement 4 .
Mal luy viendra & ne pourra prouué 5 ,
Si mieux doit estre roy 6 Breton ou 7 Normand 8 .

異文

(1) monument : Monument 1672
(2) trouué : treuué 1627
(3) serrer : ferrer 1644, serer 1653 1665
(4) promptement : proprement 1649Ca, promtement 1668P
(5) prouué : preuué 1627
(6) roy 1568A 1568B 1568C 1590Ro 1597 1772Ri : Roy T.A.Eds.
(7) ou : où 1611B 1627
(8) Normand : Norman 1650Ri

日本語訳

発見された記念建造物を開き、
すぐにそれを閉じに来ないであろう者。
災いが彼に訪れるだろう。そして証明は出来ないだろう、
ブルトン人かノルマン人の王なら一層良いに違いないかどうかは。

訳について

 山根訳は若干意訳しすぎに思えるが、許容範囲内であろう。

 大乗訳は3行目「悪に倒されても証明できない」 *1 は若干不適切。「倒す」という意味合いは原文にない。災いが訪れた結果、倒れることになると理解することもできるだろうが、意訳しすぎに思える。
 同4行目「英国が良いのか ノルマン王が良いのか」も不適切。Breton は普通「ブルターニュの(人)」を指し、「イギリスの(人)」(Britannique)とは区別される。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、「この詩の意味は明快である」としか述べていなかった *2
 その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、バルタザール・ギノーテオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)アンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルの著書には載っていない。

 ジェイムズ・レイヴァーは、3行目途中まで引用し、ノストラダムス自身の墓が暴かれないように警告した詩ではないかとした *3
 この解釈はエリカ・チータムも踏襲した *4

 セルジュ・ユタンは、未来に現れる大君主の正統性を証明するものの発見に関する予言とした *5

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは、2003年の時点では4行目をエドワード黒太子と関連付けていたが、2010年には出典不明とした *6

 ジャン=ポール・クレベールは、ブルターニュ地方とノルマンディ地方の境界付近で古代の有力者の墓が見つかるが、ブルトン人なのかノルマン人なのか確定しがたいといった情景を描いている可能性を示した。ただし、具体的な史実とは結び付けていない *7


名前:
コメント: