Nostradamus trahi

 『 裏切られたノストラダムス 』( Nostradamus trahi )は、エリザベート・ベルクールの著書。1981年にパリのロベール・ラフォン社(Robert Laffont)から出版された。前年に出版されたジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌの『歴史家にして予言者ノストラダムス』(Nostradamus, Historien et Prophète)がベストセラーになったことを受け、フォンブリュヌ親子のセンセーショナルな予言解釈は、ノストラダムスの真意を「裏切る」ものだと批判する立場から論を進めている。


【画像】 Nostradamus trahi

正式名

  • Nostradamus trahi, suivi du texte original et complet des dix Centurie, édition de 1605
  • 裏切られたノストラダムス。1605年版の百詩篇全10巻の原典に従った書

構成

 冒頭にアルベール・スロスマンの長い序文が添えられている。続いて、ベルクールによる本文において、マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)の著書が改定の際に大幅な改変が行われているに関わらず、あたかもほとんど改定されていないかのように偽っていることなどを批判している。

 ほかに解釈の内容についても、様々な観点から不適切さを指摘している。

 最後に付録として、1605年版の『予言集』から再録されたと称する原文の影印版を掲載している。この原文には百詩篇第1巻から第10巻までの四行詩が収録されている。

コメント

 ベルクールの論は、部分的に賛同できる箇所もあるが、その解釈は実証的な研究成果と一致しない箇所も多い。一例を挙げるなら、百詩篇第4巻72番Artomiquesを造語として、古代ギリシャの占い師たちと関連付けているが、実証的には Arécomiques と関連付けるのが一般的である。
 信奉者側でも、ヴライク・イオネスクが短い書評で酷評しているが、それについては、ベルクールが暗にイオネスク解釈を批判していることを考慮し、差し引いて考える必要があるだろう。

 また、「1605年版」と称する原文については、ロベール・ブナズラから「1980年代に成功した著者の、誤った主張というレベルを遥かに超える悪ふざけ」 *1 と酷評されている。ブナズラは理由を説明していないが、当サイトで疑わしい点を挙げると以下の通りである。
  • 六行詩集のタイトルは普通「この世紀のいずれかの年のための驚くべき予言」であるが、この版では「1600年から始まるこの世紀のいずれかの年のための驚くべき予言」となっている。そのタイトルの初登場は、1610年代のシュヴィヨ版であり、本来の1605年版と異なっている。
  • 『予言集』の副題から判断すると、1610年代のシュヴィヨ版を踏まえていると考えられる版が多く出されるのは、18世紀後半以降のことである。
  • 綴り字の中に f に似た異体字の s が含まれていないのも不自然である。17世紀までの版は異体字の s を含むのが普通で、s に統一されるのは18世紀後半以降である。
 以上から、少なくとも18世紀後半以降に出された版に基づいていると考えられる。

 そして、実際、18世紀末に出されたらしい新刊書籍の商人たち18世紀末に出した版と、ベルクールの示す影印版は特徴的な異文(百詩篇第4巻100番百詩篇第10巻91番など)が一致し、印字も酷似しており、全てではないが字のかすれなどについても一致する箇所がある。

【画像】「新刊書籍の商人たち」版(左)とベルクールの版(右)の比較。赤線を引いた単語の掠れている箇所に注目。

 以上から、実態はこの版の復刻と見てよいだろう。
 ベルクールが意図的に読者をだまそうとしたのかどうかは分からない。というのは、「新刊書籍の商人たち」の版には刊行年が記載されておらず、六行詩集の序文に付けられた日付から、1605年版だと信じ込んだ可能性も否定できないからである(たとえば、Googleブックスで公開されている17世紀半ばのニコラ・ゲー版も、1605年版と誤って位置づけられている)。

 しかしながら、この原文を1605年版に基づくものとして転記する形で、カナダでは Les Prophéties de Michel Nostradamus, JCL, 1989が出版された。また、その校正に携わったミシェル・デュフレーヌは、その原文に登場する単語全てをまとめた用語事典Dictionnaire Nostradamus, JCL, 1989を出版した。

日本語版



名前:
コメント: