百詩篇第10巻86番

原文

Comme vn 1 gryphon 2 viendra le roy 3 d'Europe
Accompaigné 4 de ceux d'Aquilon 5 ,
De rouges & blancz 6 conduira grand 7 troppe 8
Et yront 9 contre le roy 10 de Babilon 11 .

異文

(1) Comme vn : Comm'vn 1627
(2) gryphon : Gryphon 1611B 1627 1660 1672
(3) roy 1568A 1568B 1568C 1590Ro 1605 1628 1649Xa 1772Ri : Roy T.A.Eds.
(4) Accompaigné : Accompagne 1672
(5) d'Aquilon : de l'Aquilon 1568A, de l'aquilon 1590Ro, d'aquilon 1627
(6) blancz : blanc 1650Ri
(7) grand : grane 1649Ca, grande 1660 1668 1672
(8) troppe 1568A 1568B 1568C 1605 1649Xa 1649Ca 1840 : trouppee 1568I, troupe 1597 1600 1610 1611 1627 1644 1650Ri 1653 1660 1665 1716 1772Ri, trouppe 1590Ro 1650Le 1668, Troupe 1672
(9) yront : Iront 1672
(10) roy 1568A 1568B 1568C 1590Ro 1605 1628 1649Xa 1772Ri : Roy T.A.Eds.
(11) Babilon : babylon 1665

日本語訳

グリフィンのようにヨーロッパの王が来るだろう、
アクィロの人々に随行されて。
彼は赤と白の者たちの大軍隊を導くだろう。
そして彼らはバビロンの王に対抗するだろう。

訳について

 4行目 aller contre は「対抗する、反逆する」を意味する成句(iront は aller の活用形)。

 山根訳は全く問題ない。
 大乗訳は3行目「赤と白は軍を指揮し」 *1 が誤訳。変則的なケースを想定しても、前置詞 De の役割や動詞の活用形との不整合の説明がつかず、rouges や blancs を主語にとることはできない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは三十年戦争と解釈した。「ヨーロッパの王」は、ヨーロッパの一角を占めるスウェーデンの王グスタフ・アドルフで、「バビロンの王」は神聖ローマ皇帝を指すという。後者の根拠として、ローマカトリックと親和的であることや、バベルの塔にて多くの言語によって混乱したことが、神聖ローマ帝国内に多くの領邦国家が分立していたことの比喩になっていることを挙げた *2

 アナトール・ル・ペルチエは、ルイ18世が最初に王政復古を果たしたとき(1814年5月3日)と解釈した。「ヨーロッパの王」は、ヨーロッパ諸王の中で第一位のフランス王を指し、ルイ18世がロシア(アクィロ)、イギリス(赤の者たち)、オーストリア(白の者たち)の協力を取り付けつつ、ナポレオン(バビロニアの王、ル・ペルチエはバビロニアをパリの隠喩とし、そこにいる王と解釈した)と対立したことと解釈した *3
 この解釈はチャールズ・ウォードジェイムズ・レイヴァーエリカ・チータムらが踏襲した *4

 アンドレ・ラモン(1943年)は近未来の情景として、グリフィンを翼を持つ戦力、つまり空軍と解釈し、強大な空軍力を持つアメリカがソ連や連合軍と結託し、ナチスに爆撃を行う予言と解釈した *5

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌ(1980年)は、近未来の戦争の情景として、ワルシャワ条約機構の加盟国が、ロシアやイスラーム勢力とともにパリに侵攻する予言としていた *6

 セルジュ・ユタン(1978年)はヨーロッパの王をナポレオンとし、バビロニアの王をイギリスもしくは未来の大君主としたが、時間軸が不明瞭でどのような事件を想定していたのか、よく分からない *7
 ボードワン・ボンセルジャン(2002年)による改訂版では、ヨーロッパの王はNATOで、それとロシアの混成部隊が、近未来にイラクの指導者(バビロニアの王)を攻めることになると解釈していた *8

 加治木義博(1990年、1991年)は近未来に起こる第三次欧州大戦の情景と解釈した。グリフィンはアメリカ(鷲)とイギリス(獅子)を指し、それにロシアなども加わった白(西欧)と赤(東欧)の混成部隊が、イランやイラクの軍勢と対決すると解釈していた *9

同時代的な視点

 ルイ・シュロッセ(未作成)は、神聖ローマ帝国とフランスの間でカンブレーの和約(1529年8月)が結ばれた頃の情勢がモデルと解釈した *10

 ジャン=ポール・クレベールは、グリフィンを2つの王位を継承する君主の比喩ではないかとしたほか、赤をカトリック、白をプロテスタントと解釈するなどした *11

 ピーター・ラメジャラーは第三次十字軍(1189年 - 1192年)と解釈した。
 このときの十字軍では、フランス王フィリップ2世(尊厳王)、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ)、北方の雄であるイングランド王リチャード1世(獅子心王)という名だたる君主が出征した。十字軍兵士の標準的な服装は白い衣に赤い十字で、リチャード1世の盾にはグリフィンの図像が刻まれていた。
 対するイスラーム勢力の雄はアイユーブ朝のサラディンで、彼が数多く所有していた肩書きの一つには「バビロニアの王」があった。
 ラメジャラーはこうした史実が詩の情景と重なることを指摘しつつ、それが『ミラビリス・リベル』が描いていた将来のアラブ勢力の侵攻と、それへのヨーロッパ勢の反攻というモチーフにも投影されていると述べた *12


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • バビロニア(現イラク)を拠点として隆盛したISISを倒すためにシリアを爆撃しているロシアや英米が予言されている。 2015年10月初旬の今、木星と土星が《合》の位置に近づきつつあるから、それは苛烈な戦闘になるだろう。 統一武力として来るなら、火星(赤)と海王星(白)が《合》に近づく2016年12月下旬から2017年初旬かな? -- とある信奉者 (2015-10-07 19:03:40)
  • 訂正: 木星と土星が《合》 → 木星と火星が《合》 -- とある信奉者 (2015-10-07 19:15:09)
名前:
コメント: