百詩篇集

  詩百篇集 ないし 百詩篇集 (Les Centuries)は、『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』(以下『予言集』)の主要部分をなす四行詩集である。しばしば『予言集』そのものの通称としても用いられる。

 日本では 詩百篇百詩集百篇詩集 などと訳されることもある。「ある占星師の話」での渡辺一夫訳、『十六世紀フランス文学』(V.-L.ソーニエ)での二宮敬・山崎庸一郎・荒木昭太郎訳、『プレイヤード派の詩人たち』(Y.ベランジェ)・『ノストラダムス予言集』での高田勇伊藤進訳などが、全て「詩百篇」を採用していることからすれば、学術的にはそれを実質的な「定訳」とみなすべきなのかもしれない。当「大事典」では、それに特段の異を唱えようという意思はないが、成り行き上、当初は単数の Centurie を「百詩篇」、複数の Centuries を「百詩篇集」と訳し分けてきたため、「詩百篇」と「百詩篇」が混在している。その点ご了解いただきたい。
 なお、諸世紀というよく知られた訳語は不適切な訳である。

 それらの名称に示されているように、各巻は原則として100篇の四行詩で成り立っている。

 ノストラダムスが生きている間に確実に出版されたのは第7巻までである。ただし、7巻は42番で途切れている。補遺篇がいくらか存在するが、それらを正当な百詩篇集の一部と見なすことは困難である。
 第8巻から第10巻については概ね本物と見なされているが、ミシェル・ショマラブリューノ・プテ=ジラールのように、正統性に疑いを持つ者もいる。これらの巻についても補遺篇が存在するが、それらはほぼ間違いなく偽作だろう。
 第11巻と第12巻の四行詩は断片しか残っていないが、大いに疑わしい。ましてや第11巻と称する六行詩やアーサー・クロケットが紹介した新発見予言などは論外である。 

全訳集

 百詩篇集に付随していた二つの序文(セザールへの手紙アンリ2世への手紙)は、当「大事典」では当面は概略の説明にとどめる。全訳は姉妹サイト *1 のものを参照のこと。


全訳集の凡例

 上記リンク先で提供する翻訳は、先行する翻訳のうち比較的信頼性が高いと思われるもの、具体的には高田勇伊藤進による日本語訳 *2エドガー・レオニエヴリット・ブライラーピーター・ラメジャラーリチャード・シーバースらの英語訳 *3ピエール・ブランダムールジャン=ポール・クレベールらの現代フランス語訳 *4 などを参照して、当「大事典」でオリジナルに訳出したものである。訳にあたっては、文学的な格調高さよりも平易に意味を伝えることに重点を置いた。

 各詩篇は個別に解説しているものもある(いずれ全詩篇の個別解説を提供したいと考えているが、2016年時点では5割ほどの提供にとどまる)。個別の解説は主に以下のような構成になっている。
  • 原文
    • その詩の原文である。底本は原則としてその詩篇の初出としているが、あえてそれ以外の版を底本としている場合もある。初出を基本とするのは、ノストラダムスの予言詩の原文には、生前の「決定版」のような版が存在しないためである。上記リンク先の各巻の冒頭に、底本は記載してある。
  • 異文
    • さまざまな古版本に見られる異文(ヴァリアント)をまとめたものである。初出にも当然、誤記や誤植の類は存在しており、正しい原文を確定させるためには、校異(原文比較)の作業も欠かせない。全てを網羅しているわけではないが、16世紀から17世紀の入手可能な主要な版はあらかた押さえている。異文採録の原則や、そこで用いている略号については、原文比較の凡例(詩百篇正篇)、原文比較の凡例 (六行詩)を参照のこと。
  • 校訂
    • 詩百篇の正しい原文を確定させる作業である。すべての詩篇にこの節を設けているわけではなく、ささいな綴りの揺れや句読点の打ち方の違いくらいは割愛した場合もあるが、専門家によって初出と異なる読みが提案されている場合には、基本的に解説した。いずれにせよ、ノストラダムス予言の正しい原文などというものはなく、専門家の間ですら読みの統一されていない詩篇が少なくないという事実は、当然の前提として忘れてはならない。
  • 日本語訳
    • その詩篇の訳文である。原則は上述の通りで、詩文としての文学的な香気などを伝えるには稚拙に過ぎる訳文も少なくないかもしれないが、できるだけ誠実に意味を伝えられるように努めている。文学作品としての再評価も始まっているノストラダムスの詩だが、過去の日本に存在した翻訳は、そもそも文学作品として鑑賞する以前の問題が多すぎた(高田・伊藤訳は例外的に優れた翻訳と言えるが、あくまでも200篇ほどの翻訳にとどまり、全訳には程遠い)。当「大事典」の翻訳が、まず何よりも本来の意味を伝えることに意を砕くのは、そもそも原文からかけ離れた翻訳しか提供されてこなかった詩も少なくないからである。
    • 有名な詩篇のうち、従来知られていた読みと現在の専門家の読みが大きくかけ離れる可能性がある詩については、「別訳」として、複数の訳文を掲げた場合がある(百詩篇第1巻87番百詩篇第9巻34番百詩篇第10巻72番など)。
  • 訳について
    • 訳し方についての補足である。複数に解釈できる単語や、現代語にない単語についての注記のほか、専門家によって読み方が分かれる箇所について、どの論者の読み方を採用したのか、ほかにはどのような読み方がありうるのか等を解説している。
    • なお、従来スタンダードな訳文として信奉者側のみならず懐疑派などにも利用されてきた山根和郎*5大乗和子*6 などを引き合いに出し、その誤訳や不適切な訳を指摘することも行っているが、これはより正確な訳を作り上げる上で明らかにおかしな訳は排除しておくべきと考えるためであり、それぞれの訳者個人を攻撃する意図はない。ノストラダムスの予言は「どうとでも解釈できる」という批判があり、これはある程度その通りなのだが、反面、翻訳や解釈に問題がありすぎて、原文では一通りにしか訳せないのに何種類もの訳が「創作」されてしまっている場合も存在しているのである。
  • 信奉者側の見解
    • ノストラダムス予言を信じる側の論者たちが、過去にどのような解釈を展開してきたかの紹介である。海外の「古典的」な論者の解釈を中心として扱い、日本の泡沫的な論者の解釈は省いた場合も少なくない。当「大事典」ではそうした解釈を支持するものではないが、非信奉者にとっても、ノストラダムス予言の受容のされ方に関する資料にはなると考えている。
  • 懐疑的な見解
    • すべての詩篇に設けている節ではないが、信奉者側の通説的解釈に対し、懐疑論者の側からの反論などが提示されている場合に、そうした見解を紹介している。
  • 同時代的な視点
    • 上でも名前を挙げたブランダムールをはじめとする仏文学者、古典学者、歴史学者など、きちんとした学術的アプローチを採っている専門家たちの見解を紹介している。もっとも、すべての詩篇について解明されているわけではなく、この節に書くべきことがほとんどない詩篇も、現時点では残念ながら少なくない。

写本として残る断片


近現代に追加された偽の百詩篇




名前:
コメント: