イリス

  イリス (イーリス、Iris)は虹の女神。フランス語でもイリス(Iris)、英語ではアイリス(Iris)。
 タウマス(ポントスとガイアの子)とエレクトラ(オケアノスの娘)の間に生まれた子で、ヘラをはじめとする様々な神の使いを務めた *1

【画像】『モルペウスとイリス』(ゲラン筆、1811年) *2

フランス語

 一般名詞としての iris は植物学上の「あやめ属、アイリス」、解剖学上の「虹彩」などの意味も持つ。
 詩語としてはもちろん「虹」の意味を持ち、ノストラダムスもその意味で使っていたとされる。
 中期フランス語の用法としても、「虹」「虹彩」の用法は存在していた *3


名前:
コメント: