六行詩46番

原文

Le pouruoyeur 1 mettra tout en desroute,
Sansuë 2 & loup 3 , en mon dire n'escoute 4
Quand Mars sera au signe 5 du Mouton 6
Ioint à Saturne, & Saturne à la Lune,
Alors sera ta 7 plus grande infortune 8 ,
Le Soleil lors en exaltation.

異文

(1) Le pouruoyeur : Les Pourvoieux 1672
(2) Sansuë : Censue 1600Au, Sensue 1600Mo, Sangsuë 1627 1611 1644 1649Ca, Sangsue 1672
(3) loup : Loup 1672
(4) n'escoute : mescoutte 1600Au, m'escoutte 1600Mo, escoute 1672
(5) signe : Signe 1672
(6) Mouton : mouton 1600Mo
(7) ta : la 1600Mo
(8) infortune : fortune 1600Au

日本語訳

提供する者は全てを混乱させるだろう。
蛭と狼は私の言うことを聞かない。
火星が羊の星座にあるであろう時に、
土星と合になり、土星は月とも合になる。
その時に、汝の不幸は最大になるだろう。
おりしも、太陽は興になる。

訳について

 五島勉はこの詩を「マルス(戦争)が中東をおおい、吸血鬼やオオカミ(戦車などの兵器類)がわたし(ノストラダムス)の警告を無視するとき、日の国もまた、エクザルタシオンのなかにいる」 *1 と要約していた。
 「太陽」を「日の国」、「蛭」を「吸血鬼」と意訳したことはまだ理解できるにしても、「羊の星座」がなぜ「中東」になるのか、よく分からない。

信奉者側の見解

 ノエル=レオン・モルガールの用語解説では、「提供する者」は王太子、「蛭」はスペイン人、「狼」はイングランド人となっている *2

 テオフィル・ド・ガランシエールは、「提供する者」がフランス王、「蛭」がスペイン王、「狼」がサヴォワ公という対応が理解できていれば、平易な詩だと述べた *3

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、共産主義勢力の西欧侵攻と、その苦難にさらされる中でフランスに王政復古が起こる詩とした *4

 五島勉は、上の「訳について」の節で引用した要約に基づき、近未来の中東大戦に日本も熱狂して巻き込まれていく危険があると解釈した *5

 信奉者時代のピーター・ラメジャラーは、星位の計算から2026年のこととし、イスラム勢力の侵攻からフランスが解放された後のことを描いているとした *6

同時代的な視点

 六行詩16番のように「提供する者」が王太子(のちのルイ13世)を指すのだとしても、それが「全てを混乱させる」とは何のことか分かりづらい。
 アンリ4世にとっては50歳近くになって生まれた待望の男児だったが、王位継承をめぐって計略をめぐらしていた輩、あるいは男児が生まれないまま王位継承問題で内紛が生じることを期待していた外国勢力にとっては、当てが外れたということだろうか。
 あるいは、ルイが王位に就いてから多くの国を蹴散らすことになると期待したものか。

その他

1600Au では 44番になっている。


名前:
コメント: