百詩篇第1巻47番


原文

Du 1 lac 2 Leman les sermons 3 facheront :
Des 4 iours seront reduicts par les 5 sepmaines 6 ,
Puis mois, puis an, puis tous deffailliront 7 ,
Les magistrats 8 damneront 9 leur 10 loys 11 vaines.

異文

(1) Du : De 1612Me
(2) lac : Lac 1649Ca 1650Le 1668A 1672Ga, Lact 1668P
Leman : lêman 1612Me, Lement 1716PRb
(3) sermons : Sermons 1672Ga
(4) Des : Les 1588Rf 1612Me 1627Di 1627Ma 1665Ba
(5) les : des 1591BR 1597Br 1605sn 1606PR 1607PR 1610Po 1611A 1611B 1627Di 1627Ma 1628dR 1644Hu 1649Xa 1650Ri 1653AB 1981EB 1665Ba 1672Ga 1716PR
(6) sepmaines : Sepmaines 1672Ga
(7) deffailliront : failliront 1607PR 1610Po
(8) magistrats : Magistrats 1590SJ 1591BR 1597Br 1605sn 1606PR 1607PR 1610Po 1611A 1611B 1627Di 1627Ma 1628dR 1644Hu 1649Ca 1649Xa 1650Le 1650Ri 1653AB 1981EB 1665Ba 1668 1672Ga 1716PR
(9) damneront : donneront 1589Me 1612Me, danneront 1607PR
(10) leur 1555 1611B 1716PR : leurs T.A.Eds. (sauf : les 1649Ca 1650Le 1668)
(11) loys : Loix 1672Ga

校訂

 ピエール・ブランダムールは3行目の an を ans と校訂した。確かに、jours や semaines が複数なことと整合させる方が、適切であろうと思われる。ブリューノ・プテ=ジラールは支持している。ピーター・ラメジャラーはそれに直接触れていないが、英訳は years にしている。

日本語訳

レマン湖からの説教が不快にさせるだろう。
日々は週によって置き直され、
そして月々、さらに年々となって、全てが絶えるだろう。
行政官たちは彼らの空虚な諸法を痛罵するだろう。

訳について

 大乗訳1行目「ルーマン・レイクの説教は めんどうなことになるだろう」 *1 は、ラック・レマン(lac Léman)を英語交じりに読んでいることも問題だが、fascher を「面倒になる」と訳すことの妥当性が疑問。
 同2、3行目「ある日の説教が数週間に/数ヵ月に それから 数年間にわたってひろまるだろう」は言葉を補いすぎていて不適切。
 同4行目「彼らはつまづき 裁判官は 彼らの愚(おろか)しい法を非難するだろう」の冒頭は、本来3行目の末尾にあるべき言葉。

 山根訳はおおむね許容範囲内だろうが、4行目「その筋は彼らの役立たずの権力を お笑いなされる」 *2 に顕著なように、解釈をまじえて訳しすぎている感がある。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、ジュネーヴで活動したカルヴァンとその後継者の詩としたが、残りは読者の判断にゆだねるとした *3

 その後、20世紀までこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、バルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードの著書には載っていない。

 ところが、ジュネーヴに本部を置く国際連盟が1920年に発足したものの、武力制裁の禁止や、全会一致制による意思決定上の問題から、第二次世界大戦勃発を回避できなくなってからは、そのことと関連付ける解釈が次々と現われるようになった。
 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)エミール・リュイール(未作成)アンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルヘンリー・C・ロバーツジェイムズ・レイヴァーエリカ・チータムらは、国際連盟と関連付けた *4
 セルジュ・ユタンはカルヴァン派の拡張と解釈していたのだが、ボードワン・ボンセルジャンの改訂では、国際連盟とする解釈が併記されている *5

同時代的な視点

 ノストラダムスがこの詩を書いた頃のジュネーヴは、カルヴァン派の一大拠点だった。これは明らかに、反カルヴァン派の視点で書かれている。
 日、週、月などの表現は少々奇妙なものだが、実はこれを裏返しにしたような表現が『ミラビリス・リベル』には登場している。

「そして、ダン族から一人の邪悪な君主が現われ、反キリストと呼ばれるだろう。滅びの子、高慢の頭にして誤謬の主人である悪意に満ちた彼は、地上を混乱させ、偽りのわざによって、様々な不思議や大いなるしるしを見せるだろう。その悪魔のわざによって多くの人々を惑わせるので、天からの火に命じているようにさえ思われるだろう。年々は月々に置き直され(切り詰められ)、月々は週に、週は日々に、日々は時刻へと」(ティブルのシビュラ*6

 この予言は『新約聖書』の『テサロニケ人への第二の手紙』にある「不法の者が来るのは、サタンの働きによるのであって、あらゆる偽りの力と、しるしと、不思議と、また、あらゆる不義の惑わしとを、滅ぶべき者どもに対して行うためである*7 をアレンジしたものだという。
 ともあれ、ノストラダムスはこの詩で、カルヴァン派を反キリスト的なモチーフと結び付けようとしたらしい。この点はピエール・ブランダムールが最初に指摘し、ピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールも同じ箇所を引用している *8

 クレベールの場合、それに加えて、「賢者が年を月に、月を週に、・・・切り詰める」という表現は、当時の錬金術師たちの言説の中にも見られることを指摘した。

 ロジェ・プレヴォは、カルヴァンが改革の一環として、日曜日を除く祝日を撤廃させたことと関連付けた *9


名前:
コメント: