百詩篇第9巻74番


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原文

Dans la cité de Fertsod homicide,
Fait & fait multe beuf arant ne macter,
Retour encores aux honneurs d'Artemide,
Et à Vulcan corps morts sepulturer.

異文

(1) cité : Cité 1672
(2) Fertsod : Fert sod 1568A 1605 1628 1649Ca, fer fort 1572Cr, Fert sod. 1590Ro, Fert son 1649Xa, Fetsod 1653, Fersod 1665 1840
(3) fait multe beuf arant : fait bulfar 1572Cr, fait multe boeuf arant 1590Ro 1668P 1772Ri, fait multe beufutant 1627, fait multe beaufarant 1644, fait multe beauferant 1653 1665, fait multe Bœuf arant 1672 1716, fait multe bufrant 1840
(4) Retour : Retours 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1653 1665 1716 1840
(5) encores : encore 1672
(6) d'Artemide : dartemide 1568A 1590Ro, d'Arte mide 1627
(7) Vulcan : Vnlcan 1627
(8) morts : moins 1627, mort 1644 1653 1665 1840
(9) sepulturer : sepulturez 1568A

校訂

 Fertsodは少なくとも Fert sod と綴られるべきだが、ロジェ・プレヴォの校訂が正しいのなら、Fert. sol とでもなっているべきだろう。
 プレヴォは2行目のarantを orant と校訂している。

日本語訳

肥沃な土地の殺人都市で、
多くの耕作用の牛が生贄にされまくる。
なおもアルテミスの栄誉に立ち返り、
そしてウォルカヌスへと亡骸を葬る。

訳について

 1行目Fertsodは「肥沃な土地」と読むロジェ・プレヴォに従っている。
 2行目 ne macterについて、ロジェ・プレヴォピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールらは一致して ne を訳出していない。また、multe beuf を多くの牛と訳すことにも異論はないが、誰も beuf を複数に校訂していない。
 ここではそれらに従ったが、後出の解釈からするとmulteを「罰」の意味に理解して、「耕作用でも生贄用でもない牛(によって)罰せられ、(殺人が)行われる。」というような訳でも良いように思える。

 大乗訳1行目「ファートソドの町で殺人があり」 *1 は、固有名詞の読み方を別にすれば問題ない。
 同2行目「そのため役牛を殺して横たえる」は、beuf arant を「役牛」と訳すのは良いとしても、multeが訳されていない上、「横たえる」の根拠も不明である。
 同4行目「バルカンは死体を埋葬するだろう」は Vulcan の前に前置詞があるのだから、ウォルカヌス(バルカン)を主語にとることはできない。

 山根訳1行目「人殺しの市フェルソドにて」 *2 は、特に問題ない。大乗訳は homicide を名詞に捉え、山根訳は形容詞に捉えたという違いにすぎない。
 同2行目「多数の牡牛がくり返して耕す 犠牲にされず」は、区切り方によってはありうる訳。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは Fertsod などという町はヨーロッパにないことを指摘した上で、単語は平易だが意味は難解なので、解釈は読者に任せるとした *3

 その後、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)アンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルジェイムズ・レイヴァーらは解釈していない。
 ただし、ル・ペルチエは、用語集で Fertsod に触れたときに、アンリ・トルネ=シャヴィニーが「豊かなソドム」と読んだ上でパリに結び付けたと紹介していたので、トルネ=シャヴィニーは何か解釈をしていたのだろう。

 ヘンリー・C・ロバーツは、占いに関する著書が広く知られている紀元前100年頃の著述家、アルテミドルス(Artemidorus)に敬意を捧げた詩とした *4 。なお、ロバーツの日本語版では、『コンテンポラリー』という夢解釈の本があることになっているが、誤訳である(ロバーツは、アルテミドルスがノストラダムスの精神的な同時代人 spiritual “contemporary” であり、その著書の中では夢解釈に関するものが現存していると述べているに過ぎない)。

 セルジュ・ユタンは、フランス革命期に反革命暴動を起こして大弾圧を受けたリヨンと解釈した *5

 エリカ・チータムは解釈を事実上放棄している *6

同時代的な視点

 ロジェ・プレヴォは、2行目を古代トゥールーズの殉教者、聖サトゥルニヌス(聖セルナン)がモデルと推測した。
 古代のトゥールーズでは、アルテミス神殿への供物として牛を捧げ、その葬儀をウォルカヌスの祭壇で行っていたという。聖サトゥルニヌスはこうした異教的儀式や偶像崇拝に反対し、激昂した住民たちの私刑によって死んだ。一説には、牛に足をくくり付けられ、引きずられて死んだという。
 「肥沃な土地」(Fertilitate Soli)というのは、ノストラダムスと同時代の学者オジエ・フェリエ(Ogier Ferrier)がトゥールーズを形容した表現だという *7

【画像】聖サトゥルニヌスの殉教(14世紀の作品) *8

 ピーター・ラメジャラーはプレヴォの説を踏襲しつつも、16世紀にプロテスタントが増えていたトゥールーズでの、異教的な儀式の可能性を描いたものではないかとした *9
 当時のカトリックは、プロテスタントに対して偏見を抱き、彼らが様々な血塗られた、または淫奔な異教的儀式を執り行っているとする言説を展開することがあった。

 ジャン=ポール・クレベールは、多くの牛がアルテミスの栄誉のために生贄になるというのは、ヘカトンベの復活を想定したものではないかとした *10


名前:
コメント: