セラフィム

  セラフィム (Seraphim, セラピム)は、旧約聖書の『イザヤ書』に登場する天使である。フランス語ではセラファン(Séraphin)。本来、単数形はセラフ、複数形がセラフィムだが、フランス語の場合、セラファンは単数扱いである。日本では「熾天使」(してんし)と訳されることもある。

 イザヤ書では3対の翼を持つ天使として描かれている。
 「ウジヤ王の死んだ年、わたしは主が高くあげられたみくらに座し、その衣のすそが神殿に満ちているのを見た。その上にセラピムが立ち、おのおの六つの翼をもっていた。その二つをもって顔をおおい、二つをもって足をおおい、二つをもって飛びかけり、互に呼びかわして言った。『聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主、その栄光は全地に満つ』」(『イザヤ書』第6章1節 - 3節) *1

 セラフィムは語源的には「蛇」と繋がりがあり、東洋の神話に見られる蛇体神とも関連があるという *2

 中世に成立した天使の9つの位階では、最高位に位置している。

【画像】『神の母』(ヴィクトル・ヴァスネツォフ、1901年)。両端に描かれているのがセラフィム *3

派生

 フランス語で「セラフィムの」を意味する形容詞は séraphique だが、le docteur séraphique とすれば聖ボナヴェントゥラを、ordre séraphique とすればフランシスコ会を指す成句になる *4

ノストラダムス関連

 Séraphim は百詩篇第8巻69番に、séraphique は百詩篇第10巻94番(未作成)に、それぞれ登場している。


名前:
コメント: