ゲンジ通信あげだま


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 『 ゲンジ通信あげだま 』は、テレビ東京系で1991年10月4日から1992年9月25日まで毎金曜日に放送されていたテレビアニメ。全51話。


【画像】DVDボックス

内容

 主人公・源氏あげだまが、ワープロを模したロボット・ワープ郎と「変換」し、正義のヒーロー・あげだマンとなって敵と戦うギャグアニメである。

ノストラダムス関連

 あげだマンの敵となるのが、ノットリダマス11世こと富豪の九鬼雷蔵 (くき らいぞう)とその孫娘・九鬼麗、および彼らが作り出す合成獣である。
 彼らの作戦は『ノットリダマスの大予言』を解釈した結果に基づいているが、解釈においては「超人」を「町人」(ちょうじん。正しくは「ちょうにん」だという指摘は本編でもなされた)と読み替えるなど、強引なこじつけが展開される。
 これが、ノストラダムスの信奉者にしばしば見られる、トンデモ解釈のパロディになっていることはいうまでもない。志水一夫がアニメ雑誌『アニメージュ』の連載でノストラダムスを取り上げた際にも、話の枕にこの作品を使っていた *1
 この作品の企画が練られていたと思われる1990年代初頭は、湾岸危機から湾岸戦争へ至る国際情勢と連動し、日本でもいわゆる「トンデモノストラダムス本」が数多く出版された時期であった。この作品のモチーフは、そうした風潮とも関係があったのかもしれない。

外部リンク



名前:
コメント: