百詩篇第8巻16番


原文

Au 1 lieu que HIERON 2 feit 3 sa 4 nef fabriquer 5 ,
Si grand deluge 6 sera & si subite,
Qu'on n'aura 7 lieu ne terres 8 s'atacquer 9
L'onde monter Fesulan Olympique.

異文

(1) Au : An 1611B
(2) HIERON : Hieron 1590Ro 1627 1644 1649Ca 1650Le 1650Ri 1653 1665 1668 1840, HIESON 1605 1649Xa, Hieson 1672
(3) feit 1568 1597 1603Mo 1605 1611 1628 1649Xa : fait T.A.Eds.(sauf : fit 1672)
(4) sa nef : la nef 1840
(5) fabriquer : fabriques 1610
(6) deluge : Deluge 1672
(7) n'aura : n'arau 1627
(8) terres : terre 1568A 1590Ro 1600 1603Mo 1644 1650Ri 1653 1665 1668P 1840, terre' 1627, Terre 1672
(9) s'atacquer : satacquer 1568A, attaquer 1627, sattaquer 1672

日本語訳

ヒエロニュムスがその船を作らせるであろう場所に
洪水が起き、それがあまりに大きく急なので、
人々にはしがみつくべき場所も土地もないだろう。
水はファエスラエのオリンピア記念建造物に達するだろう。

訳について

 3行目 s'attaquer は s'attacher と同一視するジャン=ポール・クレベールの読み方に従った。DMF にはそのような語義はないが、逆に attacher の項になら attaquer の意味が載っている。
 なお、現代フランス語で avoir lieu は「(事件などが)起こる、(催事などが)行われる」の意味だが、中期フランス語では「住む、生活する」(habiter, vivre)の意味になった *1 。ここでは、クレベールに従って成句とは見なさなかったが、参考情報として指摘しておく。

 山根訳は特に問題ない。3行目「あまりの凄まじさに攻撃する場所も土地も失ってしまう」 *2 は、上で述べたようにむしろ直訳としては正しい。
 4行目「水はオリンポス山 フィエーゾレにまで達する」も、かつてエドガー・レオニなどもしていた読みなので、許容されるだろう。

 大乗訳1行目「ジェイソンが舟をつくる場所に」 *3 は、使役の意味が含まれていない点が不適切。「ジェイソン」は、ヘンリー・C・ロバーツが Jieson と原文を改変していたことを踏まえた訳。ピーター・ラメジャラーもそうした読み方をしているが、古代ギリシア神話にひきつけるのなら「イアソン」と表記しておくべきだろう。
 同4行目「波はオリンパスの神殿に よじのぼるだろう」はファエスラエ(フィエーゾレ)が訳に反映されていない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、Hieson という異文を採用していたので、それをギリシア神話のイアソンと結びつけた。Fesulan はオリンピア山の何か有名な高い場所のことだろうとし、そこでイアソンがアルゴ船を作らせたと解釈した。しかし、それがどのような事件と結びつくのかについては何も語らなかった *4

 その後、20世紀に入るまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードの著書には載っていない。

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)は、Hieron をギリシャ語からの造語として「全能者」(tout-puissant)つまり神と訳し、それが舟(教会)をつくった場所、つまりローマを大洪水が襲う予言と解釈した。Fesulan Olympique は「フィエーゾレ(にとって)のオリンポス山(にあたる山々)」と理解して、アッペンニーノ山脈と解釈した *5
 アンドレ・ラモンは、Hieron をシュラクサイの暴君ヒエロニュムスとしたが、彼が船をつくる場所はローマとし、4行目もマックス・ド・フォンブリュヌの解釈に沿ってアッペンニーノと読んで、イタリアの大洪水と解釈した *6

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、1980年代前半に起こると想定していた第三次世界大戦に先立って、ローマで革命が起こることと解釈し、4行目は、オリンピック競技のあと、それがフィレンツェ一帯(フィエーゾレはフィレンツェ近郊にある)にまで波及すると解釈した *7

 セルジュ・ユタンは、プラトンが描くアトランティス滅亡のような大破局が20世紀末にあることと解釈した *8

 ヴライク・イオネスクは、広島の原爆投下と解釈した。日本語版では詳述されていないので詳しいことはわからないが、アナグラムで「ヒロシマ」が隠されていると主張し、それが急速に広がり誰も助からないというのは、放射線のことだという。また、4行目の onde (水、海、波)は、水ではなく放射線の「波動」だとした *9

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは、Hieron を後の異文のように Hieson と読み替え、ギリシア神話のイアソンと解釈し、『ミラビリス・リベル』にも世界終末に先立つ大洪水の描写があるので、それがモデルになっていると判断した *10

 ジャン=ポール・クレベールは、ヒエロニュムスを紀元前3世紀のシュラクサイの暴君とし、彼が軍艦を建造させた場所、つまりシュラクサイ(シラクーザ)を洪水が襲うことではないかとした。4行目は、古代のオリンピア劇場があることでも有名なファエスラエ(フィエーゾレ)での洪水の描写とした。フィエーゾレはアルノ川に近く、たびたび洪水の被害にも遭ってきた。クレベールは、フィエーゾレがフィレンツェにも近いことから、この場合フィレンツェ一帯を指しているのではないかとした。
 ほかに、クレベールは、『1561年向けの暦』に、「ヒエロニュムスの船」(navis Hieronis)という表現が出ていることも指摘した *11


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • イオネスク説を支持。アナグラムの話題が出たので投稿。 略されていたヒエロニュムスを元の形に直して四つの単語から Au HIERONYMUS sa nef → YROSHIMA usa UNE nef→ HIROSHIMA usa une nef 船は女性名詞だが数詞も女性形となってる。「ひとつの船」こそ、B-29 エノラゲイ。 オリンポス山の標高は2917mなのだがこれが原爆被害が3キロ以内が特に著しかったことを暗示。 2キロ以内の建物はすべて倒壊した。 -- とある信奉者 (2010-11-03 23:50:32)
名前:
コメント: