フランソワ・ラ・ボチエール

  フランソワ・ラ・ボチエール (François La Bottière)ないし フランソワ・ド・ラ・ボチエール (François La Bottière)は、17世紀リヨンの出版業者。

 活動期間は1618年から1666年で、1667年にはその営業権(fonds)が売却された。最初、チュパン通り(rue Tupin)で活動し、メルシエール通り(rue Mercière)へ移った *1

ノストラダムス関連書

 1627年に、ほか何人かの業者と共同で『予言集』を出版した。


名前:
コメント: