百詩篇第8巻33番


原文

Le grand 1 naistra de Veronne 2 & Vincence 3 ,
Qui portera vn surnom 4 bien indigne.
Qui à Venise vouldra faire vengeance 5 ,
Luy mesme 6 prins homme du 7 guet & signe 8

異文

(1) grand : graind(?) 1628、Grand 1772Ri
(2) Veronne : Vironne 1665
(3) Vincence : Vicence 1605 1649Xa 1653 1665 1672 1840
(4) surnom : sur nom 1597 1603Mo 1610 1650Le 1668A 1716
(5) vengeance : vengence 1611B 1660
(6) Luy mesme : Luy-mesme 1668P
(7) du : de 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1668 1716
(8) signe : sine 1597 1600 1603Mo 1610 1627, fine 1716

校訂

 1行目の Vincence は Vicence の方が適切。ジャン=ポール・クレベールは、暦書の登場箇所を示しつつ、ノストラダムスが Vincence も使っていたことを示している。

日本語訳

ヴェローナヴィチェンツァから生まれた偉人は、
非常に相応しくないあだ名を持つだろう。
その者はヴェネツィアへの復讐を望むであろうが、
彼自身が監視役とその合図によって囚われる。

訳について

 山根訳2行目「はなはだ不似合いな苗字をもっている」 *1 はありうる訳。現代フランス語の surnom はもっぱら渾名の意味にしか使われないが、中期フランス語では苗字(nom de famille)の意味もあった *2
 大乗訳2行目「価値のない名を彼は生み」 *3 は誤訳だろう。

 山根訳3行目「ヴェネチアにて復讐をたくらむだろうが」と大乗訳3行目「ベニスでかたきをうとうとするが」はいずれもありうる訳で、ピーター・ラメジャラーもそう訳しているが、当「大事典」ではジャン=ポール・クレベールの読み方に従った。

 山根訳4行目「監視としるしの男につかまってしまうだろう」も許容される訳。ただし、中期フランス語の signe には signal の意味もあり、ラメジャラーやクレベールはそちらの意味で捉えていることから、当「大事典」ではそれを踏まえて訳した。
 大乗訳4行目「見張り人にとらえられる」は signe が訳に反映されていない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、ヴェローナとヴィチェンツァはともにヴェネツィアに支配されている有名な町とした上で、残りは平易と述べていた *4


 ジェイムズ・レイヴァーはムッソリーニと解釈した。「ムッソリーニ」は「モスリン(毛織物の一種)を織る者」の意味で、独裁者に不釣合いな名であることが2行目に示されているとした *5 。レイヴァーとどちらが先か不明だが、ヘンリー・C・ロバーツもムッソリーニとしていた *6
 エリカ・チータムセルジュ・ユタンネッド・ハリーらもムッソリーニと解釈した *7
 日本では、黒沼健がムッソリーニとする解釈を紹介した *8

同時代的な視点

 ガランシエールも言うように、詩の情景は分かりやすい。ヴェネツィア共和国の支配下にある都市から、謀反を企てる者が現われるが、計画は失敗し、不名誉なあだ名で呼ばれるということだろう。
 偉人(単数形)の出身都市が2つ挙げられているのは奇妙なようだが、ジャン=ポール・クレベールは父方と母方の出自を示したためではないかとした。
 ただし、クレベールもピーター・ラメジャラーも具体的なモデルは特定していない *9


名前:
コメント: