六行詩19番

原文

Six 1 cens & cinq 2 , six cens & six 3 & sept,
Nous 4 monstrera iusques à l'an 5 dix sept 6 ,
Du boute feu 7 l'ire 8 , hayne 9 & enuie 10 ,
Soubz l'oliuier 11 d'assez 12 long temps 13 caché,
Le Crocodril 14 sur la terre 15 a caché 16 ,
Ce qui estoit 17 mort, sera pour lors 18 en vie.

異文

(1) Six : Nix 1627
(2) & cinq : cinq 1600Mo
(3) six cens & six : six cens six 1600Mo, six 1627
(4) Nous : Et nous 1600Mo
(5) à l'an : en l'an 1600Au 1600Mo, l'an 1611 1627 1644 1649Ca 1672
(6) dix sept : dix-sept 1611B 1644 1649Ca, dixsept 1611A 1627 1672
(7) boute feu : bouté feu 1600Mo, boutefeu 1611 1649Ca 1672, boute-feu 1644
(8) l'ire : l'Ire 1672
(9) hayne : la hainne 1600Mo
(10) enuie : l'enuie 1600Mo
(11) l'oliuier : l'Oliuier 1611B 1627 1672, l'Orient 1644
(12) d'assez : dressé 1600Mo
(13) long temps : lon temps 1600Mo 1627, longtemps 1611B, long-temps 1644
(14) Crocodril : Crocodil 1611 1649Ca 1672, crocodil 1627 1644
(15) terre : Terre 1672
(16) a caché : a craché 1600Au, à craché 1600Mo, caché 1627, à caché 1649Ca
(17) Ce qui estoit : Ce qu'estoit 1627
(18) sera pour lors : pour lors sera 1600Mo

日本語訳

六百と五、六百と六と七、
我々に対して十七の年まで示すだろう。
火付け役の怒り、憎悪、羨望は、
オリーヴの木の下に十分に長い間隠される。
ワニは地面に隠した。
死んでいた者がそのときに生き返るだろう。

訳について

 5行目は「地面(の上)に隠した」というのは不自然なので、a craché を採用して「地面に唾を吐いた(地面に投げた)」と訳す方がまだ良いのかもしれない。

信奉者側の見解

 ノエル=レオン・モルガールの用語解説では、ワニはフランス人の売国奴のこととされている *1

 テオフィル・ド・ガランシエールは、1605年から1917年(原文ママ。1617年の誤りだろう)までのフランス史に関することとしたが、事件を特定しなかった *2

その他

 1600Au では16番になっている。


名前:
コメント: