百詩篇第8巻40番


原文

Le sang du Iuste 1 par Taurer la daurade 2 ,
Pour se venger 3 contre les Saturnins 4
Au nouueau lac 5 plongeront la maynade 6 ,
Puis marcheront 7 contre les Albanins.

異文

(1) Iuste : iuste 1594JF 1644 1650Ri 1653 1665 1672 1772Ri 1840
(2) Taurer la daurade : Taur & la Dorade 1594JF 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668 1672 1840, Taurer la Daurade 1644 1660 1772Ri
(3) venger : vanger 1590Ro 1597 1603Mo 1610, renger 1653 1665
(4) Saturnins : saturnins 1653
(5) nouueau lac : nouueau loc 1590Ro, nouve au lac 1610 1716, nouveau Lac 1672
(6) maynade : Mainade 1672, Maynade 1772Ri 1840
(7) marcheront : marcherons 1605

校訂

 1行目の Taurer la daurade は、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが校訂したように、 Taur & la Dorade となっているべきだろう。ピエール・ブランダムールピーター・ラメジャラーはそういう立場である。

日本語訳

公正なる者の血がトールとドラドによって(流される)、
サトゥルニヌスの支持者たちに復讐するために。
彼らは新しい湖にマエナスを沈め、
そしてアルバニア人たちに対し行軍するだろう。

訳について

 全体的にジャン=ポール・クレベールの読み方を踏まえた。
 2行目の「サトゥルニヌスの支持者たち」は「サトゥルヌス主義者たち」とも読める。
 3行目はmaynadeの訳し方に揺れがあるし、4行目はAlbaninの訳し方によっては「アルバの者たち」とも訳せる。

 山根訳3行目「彼らは絆を新しい湖に沈めよう」の「絆」は、maynadeをどう解釈するかの問題だが、転訳による誤りと見るべきだろう。

 大乗訳1行目「ちょうど牡牛座とカジキ座の血は」 *1 は、一応そう訳すことも可能である。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1562年のトゥールーズで、カトリックとプロテスタントが激しく衝突した情勢と解釈した。4行目はモントーバンをカトリックが攻囲したことだという *2
 シャヴィニーは地名の特定について詳述していないので補足しておくと、トゥールーズと見なした根拠はトールとドラドにあるのだろう(後述の「同時代的な視点」参照)。モントーバン(Montauban)が登場しているのは、その古称モンテ・アルバノ(Monte Albano *3 )によるものと思われる。

 テオフィル・ド・ガランシエールは、よく分からない単語が多いとして解釈を読者にゆだねた *4

 D.D.はピューリタン革命と解釈した。公正な者をチャールズ1世とした。1行目の後半は par Tore & les Torads と読み替えて律法とその支持者とし、熱烈なイギリス国教会支持者に対して、クロムウェルらが呼んだ蔑称トーリー(Toree)と結びつけた *5
 こうした解釈はチャールズ・ウォードジェイムズ・レイヴァーに支持された *6
 しかし、その一方でジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーテオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)といった20世紀前半までのフランス系の解釈者たちは、この詩に触れなかった。セルジュ・ユタンはノルマンディ上陸作戦(1944年)とした *7

 20世紀以降の英語圏ではアンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルらは触れておらず、エリカ・チータムジョン・ホーグエドガー・レオニの解釈(後述)を受け入れ、トゥールーズに関する詩とした *8 。その一方で、ネッド・ハリーのように D.D. の解釈を踏襲する論者は現在でもいる *9

同時代的な視点

 エドガー・レオニは、1行目のトールとドラドをトゥールーズにあるサン=サチュルナン=デュ=トール聖堂(St.-Saturnin-du-Taur)とサント=マリー=ド=ラ=ドラド聖堂(Sainte-Marie-de-la-Dorade)と解釈した。2行目のサトゥルヌス主義者はカルヴァン派のことで、彼らがしばしばカトリックの聖堂を襲ったことを指すという。3行目の「新しい湖」は財宝が棄てられたという古代の伝説上の湖に対応した表現とした。それらを踏まえ、この詩はトゥールーズの人々がプロテスタントだけでなくスペインのアルバ公の軍隊とも戦わなければならなかったこととした *10

 1行目の読み方はピーター・ラメジャラーも支持している。ラメジャラーはサトゥルヌス主義者をユダヤ教徒と解釈し、トゥールーズのユダヤ教徒に関する未特定の事件を描いた詩とした *11

 ジャン=ポール・クレベールもトゥールーズの出来事としたが、教会の名前は、ノートルダム=デュ=トールとノートルダム=ド=ラ=ドラドとしている。『ミシュラングリーンガイド・フランス』などでもそうなっている。
 2行目のSaturninは聖サトゥルニヌス(St. Saturnin)の支持者とし、それへの復讐で公正な者の血が流れるというのは、無信仰者によって伝道師が殺されることを言ったのだろうとした。
 3行目のマエナスは扇情的なバッコス祭の巫女だが、これはトゥールーズで行われていた儀式に関係があるとした。かつてトゥールーズでは贖罪の犠牲として、羽根で頭を飾った裸身の少女たちを柳の籠に入れ、ガロンヌ川の水に沈めることをしていたという。
 4行目のAlbaninはアルバニア人と解釈し、この場合はおそらく傭兵の隠喩だろうとした *12

 ピエール・ブランダムールは、トールとドラドをトルコ南部のタウルス山脈(Taurus, トロス山脈)とドリデ(Doride)と解釈し、トルコでサトゥルヌス主義者に対抗して起こる様々な出来事と解釈した *13
 ブランダムールの解釈には説得的なものが多いのは確かだが、この詩に関して言えば、やはりトゥールーズで起きた何らかの事件と解釈する方が妥当ではないだろうか。

 1558年版『予言集』が実在しなかったのなら、この詩は1560年代に書かれた可能性もある。その場合、1562年の事件としたシャヴィニーの読み方も、必ずしも的外れというものではないのかもしれない。


名前:
コメント: