Albanin

  Albanin百詩篇第8巻40番だけに登場する語。
 アナトール・ル・ペルチエはイタリアのアルバの住民を指す語だが、ここではサトゥルヌス主義者と対置されて、キリスト教徒の意味とした *1 。アルバの住民やアルバ公の軍隊を指すという解釈はエドガー・レオニピーター・ラメジャラーも展開した *2 。なお、標準的なフランス語でアルバの住民のことは、アルバン(Albain)という。

 他方で、ジャン=ポール・クレベールは、Albanois (アルバニア人)が押韻のために語尾変化しただけと判断した *3

 マリニー・ローズは舞台がトゥールーズである以上、4行目の Albanin もその地名だろうとし、市内のノートルダム=ド=ラ=ダルバード聖堂(Nostre-Dame-de-la-Dalbade)があるダルバード地区に住む人の意味ではないかとした *4

関連項目



名前:
コメント: