Caper

 ラテン語で「雄山羊」の意味。磨羯宮(Capricornus)の語源になっており、その意味だと理解される。アナトール・ル・ペルチエが示しており、ピエール・ブランダムールピーター・ラメジャラーらも支持している *1

 『ノストラダムス大予言原典・諸世紀』では「流星塵」と訳されているが、原書のヘンリー・C・ロバーツの英訳では Caper のままで特段の説明もないため、日本語版独自の訳と考えられるが、語学的根拠は不明。

登場箇所



名前:
コメント: